Affordable Access

Impact of imbalanced graft-to-spleen volume ratio on outcomes following living donor liver transplantation in an era when simultaneous splenectomy is not typically indicated / 同時性脾臓摘出術が標準的ではない時代における、不均衡なグラフト/脾臓容積比が生体肝移植後のアウトカムに与える影響

Authors
  • Yao, Siyuan
Publication Date
Mar 23, 2020
Source
Kyoto University Research Information Repository
Keywords
Language
English
License
Unknown

Abstract

Kyoto University (京都大学) / 0048 / 新制・課程博士 / 博士(医学) / 甲第22303号 / 医博第4544号 / 新制||医||1040(附属図書館) / 京都大学大学院医学研究科医学専攻 / (主査)教授 福原 俊一, 教授 川口 義弥, 教授 松村 由美 / 学位規則第4条第1項該当

Report this publication

Statistics

Seen <100 times