Affordable Access

Development of Chemical Reduction of Sugars

Authors
Publisher
近畿大学
Publication Date
Keywords
  • 化学的還元
  • ヒドロシラン
  • ルイス酸
  • 二酸化炭素
Disciplines
  • Chemistry

Abstract

研究成果の概要(和文): 触媒量のトリス(ペンタフルオロフェニル)ボランの存在下、グルコースとヒドロシラン類との反応性について調査した。NMRチューブ実験により、水酸基のシリル化に伴う水素分子の発生とエーテル結合の切断に伴うシロキサンの生成を確認した。また、新奇なジルコニウムカチオン種を合成し、二酸化炭素とヒドロシランからメタンとシロキサンに変換する均一系触媒としての機能を明らかにした。 研究成果の概要(英文): : We have examined the chemical reduction of glucose with hydrosilanes using B(C6F5)3 as a homogeneous catalyst. NMR tube reactions indicate the formation of dihydrogen and siloxane materials, together with a mixture of reduced carbon compounds. We have synthesized new cationic zirconium species supported by the bulky aryloxide ligands, which show excellent catalytic activities toward CO2 reduction using various hydrosilanes as reducing agents under mild conditions.

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.