Affordable Access

Plastic Materials for Sustainable Resource : Focus on the Chemical Recycling Study

Authors
Publisher
佛教大学社会学部
Publication Date

Abstract

プラスチックは20世紀後半から驚異的な勢いで普及し,今では現代生活に欠かせない材料となっている。その一方でこの材料の大量廃棄は環境破壊や健康被害を引き起こし,循環型社会形成に大きな課題を投げかけている。本稿ではプラスチック材料に内在するコンフリクトの認識を出発点に,持続資源として社会に供するために克服すべき課題を探った。まずプラスチックリサイクルの現状を整理し,望ましい循環と成り得ていないリサイクル事情について指摘した。続いてプラスチック製品の中でもとりわけ取り組みの進んでいる廃PETボトルの動向について,原料化ケミカルリサイクルの事例を取り上げ,真のループを阻む要因についての分析を行った。その結果,安定したリサイクルシステムの確立にはグローバル市場経済の負の影響を制御できる因子の検討が必要であることがわかった。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.