Affordable Access

Power Doppler ultrasonographic diagnosis of small hepatocellular carcinomas

Authors
Publication Date

Abstract

氏     名  佐々木 博 光 氏 名 森 本 義 彦 学 位 の 種 類 博 士(医 学) 学 位 記 番 号 第4556号 学位授与年月日 平成16年6月30日 学位授与の要件 学位規則第4条第2項該当者 学 位 論 文 名 Power Doppler Ultrasonographic Diagnosis of Small Hepatocellular Carcinomas (超音波パワードプラ法による小肝細胞癌の診断) 論文審査委員 主 査 教 授 末 廣 茂 文 副主査 教 授 上 田 真喜子 副主査 教 授 井 上 佑 一 論 文 内 容 の 要 旨 【目的】多中心性発癌は肝細胞癌(以下肝癌)の特徴であり、腫瘍数と病理学的分化度鑑別が肝癌術後の再発 と余命の重要な予後因子であることが知られている。そこで肝切除術施行小肝癌に対して超音波パワードプラ 法(以下パワードプラ法)を施行し、その検出率と病理的分化度鑑別の点からパワードプラ法の有用性につい て検討した。 【対象と方法】肝切除術施行腫瘍径3cm以下の肝癌43症例・71結節に対してパワードプラ法、通常の超音波B-mode 法とDynamic CTを施行し、その検出率を比較するとともにパワードプラ法による波形分析と病理的分化度鑑別 について検討した。 【結果】腫瘍径による各検査の検出率は腫瘍径が増すと増加したが、5mm以下の結節はどの検査法でも描出でき なかった。パワードプラ法で描出できなかった1.Ocm以上の結節は肝外側区域または横隔膜直下に存在していた。 しかしDynamic CTで描出できなかった2結節がパワードプラ法で描出された。71結節の病理診断は高分化型肝癌 が14結節、中~低分化型肝癌が57結節で、このうちパワードプラ法で検出できたものは47結節(47/71:66%) で、高分化型肝癌が9結節(9/14:64%)、中~低分化型肝癌が38結節(38/57:67%)であった。流入拍動波 は高分化型肝癌(2/9:22%)より中~低分化型肝癌(37/38:97%)に高頻度に検出され、流入定常波は高分 化型肝癌のみ(7/9:78%)に検出された。病理学的診断では高分化肝癌14結節のうち9結節が門脈域を、4結節 が腫瘍栄養動脈を有していた。57結節の中~低分化型肝癌は全て腫瘍栄養動脈を、2結節が門脈域を有しており、 これらはパワードプラ法の所見と一致していた。 【結語】パワードプラ法は5mm以下の結節や肝外側区域または横隔膜直下に存在する結節に対しては検出率が 低かったが、非侵襲的に高分化型肝癌と中~低分化型肝癌を鑑別することが可能で治療計画や予後予測に有用 であると考えられた。 論 文 審 査 の 結 果 の 要 旨 多中心性発癌は肝細胞癌(以下肝癌)の特徴であり、腫瘍数と病理学的分化度が肝癌術後の再発と余命の重 要な予後因子であることが知られている。今回著者は、肝切除術施行小肝癌に対して超音波パワードプラ法(以 下パワードプラ法)を施行し、その検出率と病理学的分化度鑑別の点からパワードプラ法の有用性について検 討した。 肝切除術施行腫瘍径3cm以下の肝癌43症例・71結節に対してパワードプラ法、通常の超音波B-mode法とDynamic CTを施行し、その検出率を比較するとともに、パワードプラ法による波形分析と病理学的分化度との関係につ いて検討した。 ― 74 ― ― 75 ― 腫瘍径による各検査の検出率は腫瘍径が増すと増加したが、5mm以下の結節はどの検査法でも描出できなかっ た。パワードプラ法で描出できなかった1.0cm以上の結節は肝外側区域または横隔膜直下に存在していた。しか しDynamic CTで描出できなかった2結節がパワードプラ法で描出された。71結節の病理診断は高分化型肝癌が14 結節、中・低分化型肝癌が57結節で、このうちパワードプラ法で検出できたものは47結節(47/71:66%)で、 高分化型肝癌が9結節(9/14:64%)、中・低分化型肝癌が38結節(38/57:67%)であった。流入拍動波は高分 化型肝癌(2/9:22%)より中・低分化型肝癌(37/38:97%)に高頻度に検出され、流入定常波は高分化型肝癌 のみ(7/9:78%)に検出された。病理学的診断では高分化型肝癌14結節のうち9結節が門脈域を、4結節が腫瘍 栄養動脈を有していた。57結節の中・低分化型肝癌は全て腫瘍栄養動脈を、2

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.

Statistics

Seen <100 times
0 Comments

More articles like this

[Combined color Doppler and pulsed Doppler in the...

on Zhonghua wai ke za zhi [Chines... August 1994

Improved diagnosing of small hepatocellular carcin...

on European journal of gastroente... August 2003

Use of power Doppler sonography for differential d...

on Chinese medical journal February 2003
More articles like this..