Affordable Access

新しい敬語の補助動詞「~テミエル」が保守的な共通語と抗争する方言戦略 <長谷川滋成先生還暦記念特集>

Authors
Publisher
広島大学教育学部光葉会
Keywords
  • Ndc:370
  • 敬語
  • 補助動詞
  • 「~テミエル」
  • 方言分布
  • 地理言語学
  • 言語地理学

Abstract

今まで日本語方言の研究において、「~テミエル」の実体についての論考は見られない。敬語の動詞としては「見える」が全国で用いられ「行く」「来る」「居る」にかわる語形となっているが、それの補助動詞化した「~テミエル」が、どうして、愛知県と岐阜県にのみ分布しているだけなのかを考察した。臨地調査資料と通信調査資料とによって方言分布図を作成し、地理言語学的分析を行った。その結果、「~テミエル」が中部地方で早くに成立したが、保守的な東京方言の「~テイラッシャル」の威力におさえられ、勢力の拡大が十分には進んでいない現状が明らかになった。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.