Affordable Access

Research on Japanese Life Patterns toward Super-graying Society

Authors
Publisher
近畿大学
Publication Date
Keywords
  • ライフパタン
  • ワーク・ライフ・バランス
  • 自由時間
  • 余暇
  • 第三領域

Abstract

研究成果の概要(和文):ライフパタン研究とは、質問紙調査による大規模な量的データを用いて、個人の各ライフステージにおける生活のあり方や志向性などの経時的な変遷を、パタン化しようとするものである。ライフパタン・モデルを構築するため、予備調査、および第一次、第二次本調査を実施し、分析を行った。その結果、自由時間における活動パタンによってワーク・ライフ・バランスの満足度が影響を受けること、仕事と家庭生活のバランスの満足度や幸福感の高い生活パタンの基本類型などが明らかになった 研究成果の概要(英文): Research on life patterns is quantitative research by a questionnaire method to pattern changes in a life style and orientation on individual life stages in chronological order. Preliminary survey, primary survey and secondary survey were conducted and analyzed to construct a model of life patterns. The findings indicate that off-time activity patterns have an effect on a level of satisfaction with work–life balance. The basic patterns of life styles with a high level of satisfaction with work-life balance and happiness were also identified.

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.