Affordable Access

Download Read

Risk Factor Analysis in Patients With Liver Cirrhosis Undergoing Cardiovascular Surgery

Authors

Abstract

氏 名 森崎 晃正 学 位 の 種 類 博士(医学) 学 位 記 番 号 第 5644 号 学位授与年月日 平成 23 年 3 月 24 日 学位授与の要件 学位規則第 4条第 1項 学 位 論 文 名 Risk Factor Analysis in Patients With Liver Cirrhosis Undergoing Cardiovascular Surgery (肝硬変患者に対する開心術における Risk factor の検討) 論文審査委員 主 査 教 授 末廣 茂文 副 査 教 授 竹内 一秀 副 査 教 授 廣橋 一裕 論 文 内 容 の 要 旨 【目的】 肝硬変患者に対する開心術の成績は不良である。手術に伴う危険因子を明らかにすること を目的として、肝硬変合併例の手術成績に検討を加えた。 【対象・方法】1991 年 1 月から 2009 年 1 月までの肝硬変合併開心術症例 42 例を対象とした。平均 年齢は 68.7 歳、男:女=31:11。肝硬変の原因は HCV が 26 例と最も多かった。Child-Turcotte-Pugh (CTP)分類では class A 30 例、class B 12 例であった。在院死亡は 4 例で、死因は縦隔炎 3 例、 肺炎 1 例であった。在院死亡を含む術後重症合併症(縦隔炎、心タンポナーデ、腎不全、肺合併症、 消化管出血、非代償性肝不全)発症例は 13 例(31.0%、M 群)であった。これら M 群と重症合併症 を発症しなかった 29 例(N 群)を比較し、術前・術中因子と術後合併症発症の関係につき検討した。 25 例において術前因子として MELD(Model for End-Stage Liver Disease)score を評価した。 【結果】重症合併症発症の危険因子として、術前因子では血小板数(M 群 8.7±3.8×104/μl vs N 群 12.5±4.9×104/μl)、MELD score(17.8±5.3 vs 9.8±4.9)、術中因子では手術時間(370±88 分 vs 315±93 分)、人工心肺時間(174±46 分 vs 150±52 分)、心停止時間(121±33 分 vs 105±45 分) において有意差が認められた。多変量解析では血小板数(OR:0.489、95%CI:0.250-0.958)お よび手術時間(OR:1.032、95%CI:1.000-1.066)、年齢(OR:1.354、95%CI:1.000-1.831) が独立危険因子であった。血小板数 9.6×104/μl 以下、MELD score 13 以上が術後重症合併症発症 の cut off 値であった。CTP 分類には有意な差を認めなかったが、在院死亡例はすべて CTP 分類 class B であった。また、MELD score も在院死亡例ではすべて 14 以上と高値を示した。 【結論】肝硬変患者の開心術において、術前の MELD score 高値と血小板数減少は合併症発生の予 測因子となりうる。CTP 分類 class B および MELD score14 以上の症例は在院死亡率が高く、慎重 な手術適応の決定が必要である。 論 文 審 査 の 結 果 の 要 旨 肝硬変患者に対する開心術の成績は不良であり、手術適応の決定に苦慮することも多い。本研究で は手術に伴う危険因子を明らかにすることを目的として、肝硬変合併例の手術成績に検討を加えた。 対象は 1991 年 1 月から 2009 年 1 月までの肝硬変合併開心術症例 42 例(平均年齢 68.7 歳、男 31 例、女 11 例)で、肝硬変の原因は HCV が 26 例と最も多く、Child-Turcotte-Pugh(CTP)分類で は class A 30 例、class B 12 例であった。在院死亡は 4 例で、死因は縦隔炎 3 例、肺炎 1 例であっ た。在院死亡を含む術後重症合併症(縦隔炎、心タンポナーデ、腎不全、肺合併症、消化管出血、非 代償性肝不全)発症例は 13 例(31.0%、M 群)であった。これら M 群と重症合併症を発症しなかっ た 29 例(N 群)を比較し、術前・術中因子と術後合併症発症の関係につき検討した。25 例において 術前因子として MELD(Model for End-Stage Liver Disease)score を評価した。 その結果、重症合併症発症の危険因子として、術前因子では血小板数(M 群 8.7±3.8×104/μl

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.

Statistics

Seen <100 times
Downloaded <100 times
0 Comments

More articles like this

Risk Factor Analysis in Patients With Liver Cirrho...

on The Annals of Thoracic Surgery Jan 01, 2010

Risk prediction and outcomes in patients with live...

on European journal of cardio-tho... November 2010

Cardiac surgery in patients with liver cirrhosis:...

on World Journal of Gastroenterol... Sep 21, 2014
More articles like this..