Affordable Access

産業生産性の計測 : 製紙産業への適用

Authors
Publisher
慶應義塾経済学会
Publication Date

Abstract

産業生産性の計測-製紙産業への適用- .三田學會雜難: 第四十七卷. 第 十 一 一 號 ハ 〇 產, 業生 .'產 . '性 .の :: 計 製 紙 摩 業 へ の 寧 用 liteasiirement of Productivity in Industries. -Applieation of the Model to Paper Industry— 尾 崎 巖 百 次 序 文 第 一 . 節坐產のストラクチュア B 」 麗の所茌 .. ㈡ : 假說と基本的な模型 (shock mods (-) 變數の _ と資料の制約 . ㈣ ぐ測定の爲のストラクチ/ ユ ア 丨 規 模 別 等 質 化 函 數 の 導 入 丨 、 結語 . 附 記 第ニ節針測丨製紙産業 . B. . 規模別等質化^數の統計的導出 は k、 j の推定方式 . 1 クロスセク. ゾョゾと時系列の併用 ㈢ 計測の結果 ㈣ , 統計的檢證 I 豫測 . I I I | 1 f |1 I : I 1 : I ; I I III 1 I I: ㈠ ' 經濟の計量的硏究に於ける同時確率方程式 (Bondom Simultaneous Equations) の重要性は Haavelmo の先驅的 ? ) . 勞作に依って强調されて來たが、生産理論に對するそ、 の適用は、 1 九四四年のマルシャッ A 及びアンドリウ ス の論 文 . ( 3) ■、、、 「 同時確率方程式と生産理論 」 に依って具體的に確立された。この論文に依づてダグラスの .「 賃銀論 」 以來、生產函 數測定の問題が、限界生産力說に基く. 一 般均衡論的生産理論の中に占: める地 5^をより明廉化ならしめたと思はれる。 以下の稿は生產函數の諸係數を確率同時方程式系に依る權造パラメクの .推定として實際に計測したものであるが、そ の遨本的な意味は前揭論文に負ふ所が多い 。. ㈡ 從來坐產函數と呼ばれる槪念に .は一一様 9 ■立場が考へられて來た。ー っ -は‘純 ^ わ^^ 的なデータ ^^^ 沒起 ^ 3 . の知識から得られるものであっ て、 坐產工程函數 (process production funotion) 或はエ學的生產函數 (technological or engineering .production functioe と呼ばれ、, 特定時期 .の特定企業 ( 或は產業 ) に固有の技術的關係を表わし、且っ 'その實現された數量關懷は坐產者の合理的行爲とは獨立的、また相對價格の變化に對し非彈カ的な傾向をもっ ( ぼ ed production coeiBeient)。 ■他は坐產者一, 般が生産物產出 fc當 .って行 •はぅとする合理的行爲 ( 費用極小原班 ) .の基盤となってゐる 「 生産の場 」 (preference field) の侧定であって、それは 「 消費者撰好場 」 の测定に . 對應するものと考へられる。 'ダグ. ラスの對數 線型に依る生産函數の測定 .;S その推定方 ^ ,W して最小自乘法にょる單ー方程式の .測定を用ひたと一 K ふ點を除けば、 • ま さに r 生産の場 」 としての係數を _ 殳して、 1#^ 坐產カ說に依る生產琅 ^ の ; 妥罾 « を ^ 證, しょぅと試みたものに他な /■ • . . . : .庳業生鹰性の計測 ':::.yh . i ニ三 ■( ニ ., 二 :) Iy:; I I I f k fi; I t I: i i w I f I mifr.' i i Hi裏 三 田學會雜誌 笫四十七卷笫十 ニ號 ’ 、 三 四 (11 ニ 0 卜 ?,な、 ソ然し乍ら必衝办淨像电反映した結果としての過去の备料から飞生產の場 」 を推定しな计ればならないにも拘 らず氧 1 方程式 ( 生產函, 数式 〕 のみを用 .びて推定する事は、

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.