Affordable Access

The Formation of the Local Welfare in France : A Current Study on the "centre social"

Authors
Publisher
文教大学生活科学研究所
Publication Date
Keywords
  • 福祉国家
  • 地域福祉
  • フランス史
  • 社会センター

Abstract

はじめに フランスにおける地域福祉の生成 一「社会センターJに関する研究から一 岡部造史* The Formation of the Local Welfare in France : A Current Study on the “centre social" Hiroshi OKABE 西ヨーロッパの先進工業社会において、 19世紀末から20世紀前半の時期は福祉国家が徐々に 形成される時期として位置づけることができるo フランスにおいても、この時期には共和主義体 制の確立及び本格的な海外進出といった事態と並行して、子ども・家族・医療・衛生・労働など、 社会福祉に関するさまざまな施策が国家レヴェルにおいて整備されていくことになるo この時期の社会福祉史をめぐっては、福祉国家成立への単線的な発展史としてではなく、国家 と他の福祉の担い手(家族・地域社会・各種のポランタリー組織など)が並行して存在する「福 祉の複合体Jの歴史として描く必要性が以前より提起されている υ。こうした中、わが国におい てフランスの社会福祉史はイギリスやドイツのそれと比べて注目されることが少なかったが、福 祉国家の形成については近年ょうやくまとまった研究が出されるにいたっている九一方、民間 レヴェルの福祉についても、すでに相互扶助組合や住宅福祉、企業福祉などに関する研究がみら れるが、そのきわめて多彩な活動が十分明らかにされてきたとは言いがたい九 19世紀末から20世紀前半の時期は、フランスでも社会カトリシスムの高まりなど、民間福祉 の新たな展開がみられたが、そうした動きのーっとして、「社会センター cent陀 sociaIJと呼ばれ る施設(及び団体)の運動を挙げることができる(図1参照)。これはイギリスのセツルメント (隣保事業)の影響を受けて始まったもので、そもそもセツルメント運動とは上流階級の人聞が 都市の貧困地域に住みこんで住民と共に生活しながら地域社会の貧困問題・社会問題の解決を図 るというものであるo そして近年、この運動は地域福祉の起源としても評価されている九 英米のセツルメント運動については、わが国でも社会福祉史の概説書などで言及されることが 多い。しかしフランスでも同様の運動が存在したことは、ほとんど知られていないように思われ * おかべ ひろし 文教大学非常勤/文教大学生活科学研究所客員研究員 171 LE CENTRE SOCIAL ④⑤⑥⑦ 図1 社会セン空ーの街念図 (1950年代のもの) ①朴11IJq:校 スカウト辺助、②医療相談、③家出科教行、 ⑥体育 U 光浴、 ⑤子ども I~I . 1~, 1r所、 ⑥妓i苛J首位、 ①初判相談、 ③Melll' サークル 誹減、 ③野外での遊戯、 ⑮家族会 m典 DESSERTINE.Dominiquc CI als(dir.).. Les cefllres 即日山口 1880-1980:IlIIe resolm;ol/ locale de /(1 qllest;o/l '¥"ociale? Lillc. Prcsses univcrsitaires du Scptcntrion. 2∞4. p.158より 11成。 る50 その酒[11/としては、社会七ンターが現在でもフランスの社会福制において大きなウエイト を占めていないことがあると思われる九 しかし、こうした地域福祉の生成がみられたこと自体、 フランスの相会初社史において~!!~視できないものであろうし 、 さらにそれは 、 従来国家と個人と いう枠組でZ!?られがちであったフランス近現代の社会[止を、地}まや民IiIJ団体という飢占からIIlJい 直すという作業にも寄与するはずであるわ。 ところで、フランスでも相会センターに関する本格的な歴史研究が始まったのは、ごく 1[;(近の こと といってよい。 この位の福祉活動に 111初に~~(目したのは相会事業史研究であり、ゲランとリ ユツプはすでに 1970年代末に社会センターの先駆事業である社会会館(1孟述)の活動を、相会 下)l殺の始まりとして言及している九 1990年代になるとファイエ=スクリープが 191日紀末のカ卜 1) '/ク女性lヨ1体のilli;fl})としてこれを位iEづけ、またラテ=ガJレセッ トはソーシヤルワー クの.WIIIJ 峨業化の飢点から論じている九 これに対して、相会ヒンターそのものに|到する研究は、~ì'ì 見の限り 1990 '1: のフア イ エ=スク リーブによるそノグラフィーがi訟判Jのものである 川。その後 1996:11:'にデユランが初の全lJilレヴ ェjレの通!とを刊行し川、それをき っかけとして、 SQ年に

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.