Affordable Access

Naomi Shihab Nye and`the Wind in a Bucket'

Authors
Publisher
関東学院大学[文学部]人文学会
Keywords
  • 子供詩、児童文学、児童教育
  • 911.58

Abstract

今から15年前の1994年に「関東ポエトリ・センター」が招聘して、「関東ポエトリ・セミナー」の講師として来日された、パレスティナ系アメリカ詩人であるネイオミ・シハブ・ナイさんが、詩誌「ポエトリ関東」に掲載された4篇の詩を翻訳し、簡単な解説を付けて、彼女のアメリカでの詩人としての位置を確認しようとしたものである。子供詩というジャンルに対して、日本の詩壇はほとんど目配りがされていない状況が今もって続いている気がするが、アメリカには子供詩という流れが確固として存在してきた歴史がある。それは教育の場での実践と深く繋がっているのも、日本から見ると特殊な事情と一蹴されるかもしれない。しかし、教育の現場に子供詩という分野の創作と鑑賞が根付いている文化があってこそ、大人への重要な橋渡しが可能になっているのを肝に銘じておく必要がある。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.