Affordable Access

The Seattle Union Record and Japanese Problem, 1907-1913

Authors
Publisher
岡山大学経済学会
Publication Date

Abstract

岡山大学経済学会雑誌23(4),1992,123~138 第一次大戦前のシアトル労働運動と日系人問題 黒 i ?) 勝 利 1  先に発表した「シアトル・ゼネラル・ストライキと日系人労働者」という 論文において,私は,ゼネラル・ストライキに対するシアトル日本人社会の 対応と,それを契機とするシアトル労働運動の日本人問題に対する姿勢の変 化について述べた(1)。しかしストライキ以前の状況については,シアトル労 働運動が日本人に対して好意的ではなかったという事実を,単に指摘するに とどまっていた。このノートは,前浜のそのような分析の不足を補うための ものであって,第一次大戦前のシアトル労働運動の日本人に対する姿勢を, その機関紙である『シアトル・ユニオン・レコード』の記事を中心に,より 具体的に紹介することを目的としている。  本来の課題に着手するに先立っていくつかのことを再確認しておかねばな らない。  第一に,世紀転換期のアメリカ労働運動を支配していたアメリカ労働総同 盟American Federation of Labor(以下, AFLと略す)と日本人労働者との 関係である。  白人熟練労働者を基盤とするAFLは,中国人,日:本人をはじめとする一切 のアジア系移民の入国に強く反対し,すでに入国したアジア系労働者の組織 化にもまったく関心を示さなかった。サミュエル・ゴンパースに指導された 主流派の指導者たち一彼等は「純粋にして単純な労働組合主義」を主張す 一123一 678 る保守派であった一は,日本人労働者を加入させている組合に対してその 排除を要求するということすらあえておこなったのである②。  第二に,このノートで吟味の対象とするシアトルを中心とする合衆国北西 部の労働運動が,一般的には,ゴンパースを中心とするAFL主流派に対し て忠実ではなかった,いやむしろ,世紀転換期を通じて反主流派的,異端的 な存在でありつづけたという事実である。  シアトルおよびその近辺で最初に大きな影響力を持った労働団体は,労働 騎士団The Noble and Holy Order of Knights of Laborであった。騎=ヒ団 は,1885年に北西部を襲った不況と失業によって白人労働者の問に広がった 焦りと絶望の渦の中で勢力を拡大し,1885年末から1886年初頭に発生したシ アトルの反中国人暴動では,中心的な役割を演じた(3)。  北西部における騎士団の勢力は,合衆国の他の地域におけると同様に,ま もなく衰退した。しかしながら北西部においては,それはただちにAFLの 勝利を意味するものではなかった。いったんはAFLに加盟したもののすぐ に脱退した西部鉱夫連盟Western Federation of Miners,その支援を受けて 組織された西部労働連合Western Labor Union,ユージン・デブスの指導の 下にフ。ルマン・ストライキを闘ったアメリカ鉄道労働組合American Railway Union,そして1905年以降は世界産業労働者連盟Industrial Workers of the World(以下, IWWと略す)といった, AFLとは対立する様々な労 働団体が,東部諸邦におけるよりもばるかに強力な影響を,北西部の,特に 鉱山地帯や森林地帯の労働老に及ぼしていたのである(4)。  もちろん,東部諸州におけるAFLの勢力拡大は結局のところ北西部の運 動にも影響を及ぼさずにはおかなかった。ワシントン州労働会議 Washington State Labor Congressぼ,1898年に,反AFL的,反ゴソパース 的な労働団体の代表を委員長,財務書記として設立された。しかし1902年の 第5回大会では,ワシントン州労働総同盟Washington State Federation of Labor』と改称し,まもなくレファレンダムによってAFLに加盟した。また, 一124一 第一次大戦前のシアトル労働運動とEI系人問題 679 1888年に騎±団支部と職種別組合支部の協力によってシアトルに設立された 西部中央労働組合Western Central Labor Union’も,1902年の3月には AFLに加盟し,その3年後には,シアトル中央労働評議会Central Labor Council of Seattle and Vicinityとして再編成された。  しかしながら,そのような事態の進展も北西部の労働運動のゴンパース路 線への全面的屈伏を意味するものではなかった。本稿で対象とする期間のほ とんどを通じて,シアトル労働運動の指導者の多くはAFL本部の指導に批 判的であり,AFL大会

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.