Affordable Access

On Oscar Wilde's A Woman of No Importance

Authors
Publication Date

Abstract

- 102- オスカー・ワイルドの 『くだらぬ女Jについて 奥 村 一一 郎ーー・ー回・. ?、,? ?? ????? オスカー・ワイル町、(OscarWilde) の 『く だらぬ女~ (A W011ωn 01 lVo Ir.nportance, 1893)~'L は, 19世紀後半のイギリスの戯曲が好んで扱っ た, 1"釣り合わぬ縁J,1"過去をもった女J,1"道徳の二重の基準J,そして 「放 蕩者」といった主題が集約的に盛りとまれている。作者がピネロ (A.W. Pinero) の 『可憐なラヴェ ンダー~ (Sweet L…der, 1蹴 )2をその下敷に 用い,エデンの園に始まり黙示録に終わる聖書の枠組を借り:)そしてスト リンドペ リー (J. A. Strindberg) の 『父~ (Fadren, 1887)の主要な状 況を採り入れて, wくだらぬ女』を構成した ζ とは見逃せない。 ζの小論で は,以上の点に留意しながら, wくだらぬ女Jの特徴を考えてみたい。 ‘ ( 2) 『可憐なラヴェ ンダー』 におけるウェターバーン (Wedderburn) とルース (Ruth)の男女と, wくだらぬ女』 におけるイリ ングワ ース卿 (LordIl・ lingworth)とアー パスノット夫人 (Mrs.Arbuthnot)の男女の組み合わせにはー 似た関係がある。しい、ず、れの作品で、も,身分の違う男女が音深い仲iに乙なつた と,男の方が結婚を拒否した乙とlに乙なつており札, しカか〉も, ζの二組の男女に は,子供が,ピネロの場合には,ラヴェンダーという娘が,そしてワイルド の場合にはジェラルド(Gerald) という息子が生れている。また,彼らは子 供が結婚適齢期になった頃再会し,女の方のみならず,男の方もず、っと独身 を通してきたという趣向で、も同じである。以上のような類似にもかかわら ず, ζの二つ?作品は,舞台となる世界,その雰囲気,登場人物の性格,科 白,そしてモフルにおいて際立つた対照をみせるのである。 社交界を舞台とする『くだらぬ女Jの第一幕,ハンスタントン夫人 ( 810) • スカー ・ワイルドの 『くだらぬなJ]iについて -103ー ('Lady Hu口sta口'ton)の別荘の庭園で.ダンディーのイリングワース卿は, け務ち lをしたという噂のあるアロンピ一夫人 (:Mrs.-.圃・... ・ Ho日 )と次の うなウィティシズムの巡り取りをする。 イリンゲワース よけ11, 乙乙l乙いようじ 沿いか。庄命の容は庭 の明官カ るカ アロンピー夫人 で “ら自身をアダムとイーヴi乙|見立てているのみならず, っとすろ彼|らの官邸が,氷続きせず.そのうち終末,それも る乙とを暗示したものつもあろう。 イリングワース闘が第二幕晶ハンスタントン ムしたアーパスノット夫人,lC.向って・ 「すべては君のお父 というよつに.乙|の芝居の主筋をになう彼らのそ ったのである。 日]憐江ラヴエンダ-J2ではF 碓かに"現実の庭は舞台にでて乙ない。し エアンの闘のイメージを使う乙とを思しかし曹ワイルドが,庭,すなわり, ア ついたのは,!tビネロの作品における次の科目であったに湿いな lい。第一幕, J二クレメント ('Cαlernentけ)一一彼は a 実lはfままフヴエンダ一と氾よ~1例q叩l'比ιJほ'J: ~ 71.広三ゴず- B吻のとでlわかるーーの部鼠で'.彼はラヴエンウェダパーンの世子'でめゐし ζ 刀 がーの乙と争-Iあの蝦がいると血lL』 ~11)トろ 11, (_み元る ! というのである。 ラヴェンダーの1E るし、はイメージ の之}ldの うが.いささか臨乙見立てている乙とは|いう 乙のロマンアイック ・コ〆ア じがする。それはと{, OJ制 ( L'...,L企エデンの|闘がもっ男女のa!?j l乙伴う鴨 (l;'aU) のイメークが,完全全!~ιl /."示の日4舎旨硲んでの才若73tき日のア一バスノツトJ夫ミ人とイリンクワ一ス卿の鮮でで 、 の在創制づ弓引'1 (そして|川rJ]似糊t桜仰必却lκ乙至る行為)は, エデン叫がもっ暗いイている。アグムとイーヴの~llは , いうまではく ー 神のいし スノ y ト夫人のそれI~i~ 、た乙と i乙ある。イリングワース卿とアーノぐスノ のいいつけ附いたものというよ?.1rtfi??tli完了:: であ 4 1::..,.けれどt2.ぞれがノ一一 アダムとイーヴl乙511ね合わせる る乙とにi りが往し 811

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.

Statistics

Seen <100 times
0 Comments

More articles like this

Oscar Wilde and the scarlet woman.

on Journal of homosexuality 1997

Oscar Wilde

Jun 27, 2012

Oscar Wilde in Ohio.

on Ohio medicine : journal of the... April 1987
More articles like this..