Affordable Access

〈Articles〉Consideration of Japanese Management in Jointventure Enterprise in Vietnam

Authors
Publisher
近畿大学経済学会
Publication Date
Keywords
  • 日本とベトナム
  • 日本型経営
  • 水田稲作農業と落共同体
  • 日本的価値観
  • 凹凸文化
  • Japanese Type Management
  • Rice Field Farming
  • Village Community
  • Japanese Sense Of Values
  • Ruggedness (凹凸) Culture
Disciplines
  • Political Science

Abstract

[概要] ベトナムに直接投資をしている国は, 投資残高で日本, 台湾, 韓国, シンガポール, 香港の5カ国で56%を占める。進出企業数では,日本が400社を超え他の4カ国も数百社規模である。近隣アジア諸国からの外資企業が, 駐在員事務所を加えて数千社に上る。政府の統計によれば, 外資系企業で起こったストライキ件数は, 1995年から2005年7月までの累計で582件あり, 内訳は, 韓国系企業で172件(30%), 台湾系で196件(34%), 香港系で13件(2%強)残りのその他は201件(35%)である。同じように多くの投資をしている日系企業では皆無である。多数の企業が進出しながら, 日系企業で労使関係がうまくいっているのはどうしてか。その解明が本稿の目的である。筆者自身のベトナム駐在経験と日本型経営に反映される日本人の価値観,日本の文化や社会の成立ちなどの視点から結論を導く。 [Abstract] Consideration of Japanese management in a joint-venture company in Vietnam. The main purpose of this text is to clarify extremely an industrial strife little in Japanese Company in Vietnam. Only Japan is an exception among the five big countries by ranking in the statistics which have invested in Vietnam. The strike happens frequently in the factories of the foreign company as described in Vietnamese government statistics. Why can the Japanese enterprise manage the joint-venture company without causing the labor trouble? I looked for the answer from the viewpoint of my own experience in Vietnam and Japanese sense of values.

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.