Affordable Access

Lexique du Lai d' Haveloc (1)

Authors
Publication Date

Abstract

- 34- Lexique du Lαi d'Haveloc ??? ??? ? ? フに 木木 本 ? 夫 0 以下に示すのは LeLaz-d'HauefocイeDanoisの Lexique concordantiel およびそれに手づく語学的解説で、ぁぶJ完全な concordanceの形式を採ら ?!ζ,ミす名詞と動詞iζ大別し,名詞iζ関しては,乙れに係わる限定詞.形 谷詞などについて,必要に応じてい叩 e,r示したり,あるいは解説の 中で、扱い,また動詞については叙法・時称別にまとめ,統辞的な考察がなさ 7いように配慮吋る。そしてつとめて重複的な表示械けるようにし アンク{Tノルマン方言で、書かれているとされる LeLai d'Haveloc le Danoisは;1106行の短い物語であるが,乙れは GeoffroiGaimarの Lω0- rie des Engleisの冒頭に付せられたハヴエロック挿話の独立したものと考 えられている。乙のデーン人の王位継ネにまつわる争いの物語には(unlai en firent li Breton. > v. 21 iそれについてブルトン人,一つの短い物語を 作れり Jだとか <Li a uncien par remenbrance Firent un lai de sa victoire, Qe touz jors en soit la memoi~e! > v. 1102 -4 r昔の人々乙れを 覚えおくべく,彼の勝利の短い物語を作れり。その憶え永遠にあらんζ と をJを始めとして Mariede Franceの Laisを想起させる表現が随所に見 られ, Arthur王の登場も却??って,いわばケルト風に仕上げられたデーン 王ハヴエロック伝と言えよゴJ 乙の LeLai d'Haveloc le Danois ,rは2種の写本があり, 1つはP写本 と呼ばれている13世紀後半からは世紀初頭にかけてのものと,他は14世紀後 半のものとされる H写本とである。われわれがテキストとして読みうるもの は, p写本およびH写本をもとにオリ ジナルに近いものを再構成した A. Bellの版を除くと,し、ずれも H写本l乙基づくものである。まず1828年に Fre- derick Madden が Theancient English Romance 01 Havelok the Dane: accompanied by the French Text: with an introduction, notes, and a glossaryをロンドンで刊行した。 1833年, Francisque Michelはこの , ( 34 ) の. うなt涜みを促築して 版i乙比べて 。ut qnOJ puessez 次の表{乙ぷしたよ vole:it le!、 MichelのそれとrrUじもので 動詞の数 も此られなくは のテキスト伝写 れるのであろう否認状態を倒つてはし状、 部分が8符綴,(乙揃える 怠|味的lζ何の支障も与えたい l C l 一~ CI, qil 1 ~)出; 街所以 のテキストは,写本をI:IJ成り忠実i乙!広 '1 ichelのテキストと比べてみると , le l-ler1.vardi 無いので残りの 3つを比較して トは 4つあ そして最 J crJLグ〉・C.1f 1¥1ais- 、)()Cle- 35一 リで刊行し らにテキ ,1a:rtin paner haavenc f)haueloc v.755, V.45. v_337‘ tronslacion let ?, ? ?、???、 ? ?, ? ? axton 15 v 181 Lexique du Lai d' 1-1 a7..1t~/oc (1) rグ , v.239), V 19 として トを載せている。 Jcst t五 V.949, らのテキヌ Michel v 4り ??? ?? ? 1-1 ard y v. 541, し句 としてノ Lai pnson ('h ronicle Triv ヵ~ Publications ()f thc t' a bandoun v,995) の部分を批判的に翻案してFj~ と丈 I.JaI d'}-la'Velok le Danοis voil :';

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.

Statistics

Seen <100 times
0 Comments

More articles like this

1D → 4D

on Trends in Genetics Jan 01, 1993

1D-->4D.

on Trends in Genetics April 1993

Durees de vie des niveaux1D2ET1S0du magnesium

on Optics Communications Jan 01, 1984
More articles like this..