Affordable Access

Attitudes on recent developments in interpretation of collateral criminal liability provisions and in theories of corporate criminl liability (1)

Authors
Publisher
慶應義塾大学大学院法務研究科
Publication Date

Abstract

1.はじめに─本稿の目的 2.問題の所在─近時の判例における両罰規定解釈と学説の対応 3.名宛人限定型と非限定型との区別基準について ─付・法定業務主に係わる両罰規定の解釈・適用 4.「業務又は財産」関連性型両罰規定の非事業主への適用による処罰について 5.外国法人等に対する両罰規定の適用について

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.