Affordable Access

The contributions of the late Dr. Fukutaro Okui to our study of urban sociology

Authors
Publisher
慶應義塾経済学会
Publication Date

Abstract

都市社会学研究と奥井復太郎博士の業績 都市社会学研究と /奥 井 復 太 郎 博 士 の 業 績 2,ヽ 5 佐 藤 仁 威 は 「 じめ:、 に . , 第一一次社界大戦以後わが国にお 1 ては、都市社会学 .( 1} >ぎ . 8 0 2.0 1 0 沒への進展が著しくみとめられる 0 このニ、三力年こ あつては、特に‘ 政治の問題としても、都市問題、大都市再開発問題が主要な論題として取りあげられているし、日本でも最 大の新聞である朝日新聞も今年度のテ ー マ ; と: し, て、新年にあたつて、その特集をなしてきている。 一一十世紀後半の政治的解決を必要とする主要なテ 1 マほ、⑴都市問題の解決、 ' {2) 教育問題であるとまで知識人をして、い わさしめているなど国民に喧伝されてパる 。 -..^,' '': 都市社会学 .の働きぅる: 要素が多分に認められる 今日で ある 。::. \ . . わが国における都市社会学の師祖、奥井復太郎博士の突然の訃報に接し、三田学会誌が追悼号を発刊するにあたり ' 若輩 ではあるが一番身近かに .あつ て、また同じ都市社会学を学ぶ弟子として、その業績に. . ぶつかってみ る の も 益の ある ことと 考 1 奥井博士と都 rfT, 社会学. . ノ ." -;. '.-• •+.......'- 社会的背景を中心として -^ :都市の研 ^ が 、 .K メリカにおける入間生態学久用誓 ! ! . Ecology)© 影響をぅけて、 .: 社会学的接近をはじめたミ、一九亏 : _ 年代 ( 大正九年 ) : ーといっ .てよ .い 。 . . ' . : : . ジ 、 、 、 プコ学' 衫ど呼ばれるクカ > 大学の初代の社会学教授であった、ス .モール ( & 2:on"w\ small) とその門下生によって形ぶさ いれ、 : .ドィッ社会学の系統を: ひいて、 . .: : : 社会 I 例研究的鏡態調査を広範におこ: ない: 、 . .: 全体と, して ^I si : の研究が主眼と众 .っ : て: いた :0.厂 .,'^ ■ . ^ : 当時のアメリカ .は、 : A-ss ^ アメリカ東部, で . .の完成された文化をも .った g 拓民が水上交通により / 五大糊を通りてシカ: 老 ^ その炎、 :ー 八三七年にシカ 「 ゴが町になった, のである 0ム ;;:': : _义 ' との開拓民 (pionle. couple) が.西部のある土地に定着し ':' 社会を形成していくまでの過程をスモール f 名 . 031 ) i - \ L .'■四年にその著、 「 アメリカ社会成立史 」(The Natl'History of a society) の中一でアメ: リ嘉市の発展段階説として書いている。 ⑴ The Family on the Farm (2) )^l l r a l Group .- - . ■ . . . . . . ■ • . . . . '. ,ま ^^ 贫: , ' : , v . : .■ ' . - - • • • ► . . . . « . : ⑷. Town andoity -., ':.' ■ といぅ四つの段階 .を提唱, -y た。 、 , け . : : . . . フ 都市社会学研究七奥井復太郎博士の業績 . 3 >:5 J . 一 o 七 ( ニ . 1 0 九) このよぅに社会過程 (social process). からの都市の研究に、 .実証的諸 .研究を織りこみ、さらに人間生態学からの接近をなし、 アメリ力都市社会学の樹立をなさしめたのは、同じシカゴ学派のパ ー ク (Robert R park). とその門下生達によってである。 1 プニ五年 ( 大正 --.四年 ) パ I クはその 著

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.