Affordable Access

Strategic Evolution in the Ultimatum Game played within a Group : A Computer Simulation Analysis

Authors
Publisher
埼玉大学教養学部
Publication Date
Keywords
  • 最後通告ゲーム
  • 戦略進化
  • 計算機シミュレーション

Abstract

集団内のプレイヤーが相互に最後通告ゲーム(Ultimatum Game)を行うという情況設定をし、其の中でどのような戦略が進化するを計算機シミュレーションによって分析した。プレイヤーの戦略次元は、提案者として報酬の分配提案をするときの分配比率、および反応者として相手の提案を受諾するための最低要求基準、の2つである。進化的シミュレーションは、利己的分配と平等分配の中間的な(ただし利己的分配寄りの)分配が支配的となることを示す。2つの戦略次元がリンクする(相手に与える量と同じ水準を最低要求水準とする)場合は、平等分配に近い戦略の進化が観測された。このシミュレーション結果が生じた理由を考察する。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.