Affordable Access

일본문학에서 보여지는 교육사

Authors
Publisher
대한일어일문학회
Publication Date
Keywords
  • 日本近代(Japanese Modernity)
  • 近代的時間(Modern Time)
  • 近代敎育(Modern Education)

Abstract

近代日本の国民形成を考えるとき、幕末・明治維新期におけるナショナル・アイデンティティの探求が特別に重要な意味をもっていることは誰しも否定できないところである。特に日本の近代国民・国家作りを支えている忠君愛国のイデオロギ的な教育がそうであるといえる。いったい「日本」なるものがどのように確定可能な領域として決定され、そこに「日本人」とか「日本語」なるものがどのように想定され組み込まれてきたのかを修身教科書とその同時の文学を通じて問いたい。それこそが「国体」ナショナリティを脱構築する作業となりうるというのである。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.