Affordable Access

心理臨床家の思考に関する一検討 : 事例情報の読み解き方にみる特徴の分析

Authors
Publication Date

Abstract

????????????????????????????????????????????????????? ? ? ????? ???????????????????????????????????? ??????????????? ???????? ???????????????????? ??? ???????????????????????????????? ?????? ?????????????????? ? ? ????????????????????????????????????????????? 平成 22 年度 修士論文 心理臨床家の思考に関する一検討 ―事例情報の読み解き方にみる特徴の分析― 弘前大学大学院教育学研究科 学校教育専攻学校教育専修臨床心理学分野 09GP105 大平大貴 1 目次 第 1 章 問題と目的 第 1 節 はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2 第 2 節 心理臨床家を対象にした研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2 第 3 節 心理面接場面における心理臨床家を対象にした研究・・・・・・・・・・・4 第 4 節 心理臨床家に関する新たな研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5 第 5 節 認知心理学の知見から・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6 第 6 節 本研究の目的・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8 第 2 章 方法 (1) 調査対象者・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9 (2) 調査手続き・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9 (3) 調査場所・調査時間・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10 第 3 章 結果と考察 (1) 各対象者の思考の流れの記述・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11 (2) カテゴリー一覧表・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13 (3) 見出された心理臨床家の特徴・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15 第 4 章 総合考察・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・22 おわりに ―今後の課題と展望-・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・23 文献・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・24 附録 (1) 調査依頼時に使用した文書 (2) フェイス・シート 2 第 1 章 問題と目的 第 1 節 はじめに カウンセリングとは一体何なのか。日々の心理臨床実践の中で、カウンセラーは何を思 い、考えているのだろうか。そこには、単なる身の上相談とは違うカウンセラーの専門性 が潜んでいるように思われる。臨床心理学を専攻している心理臨床初心者は、名だたる臨 床家たちの面接記録や膨大な事例研究、その他多くの文献などを通して知識や情報を得る ことができる。ところが、いざロールプレイや実際に大学院付設の心理臨床相談室等でケ ースを担当するとなると、途端に身動きができなくなったり混乱したりして、対応に苦慮 することが圧倒的に多い。それは、知識や理論が必ずしも体験や実践とイコールにならな いものだからであり、実践的な能力が実践によってしか鍛えることはできないことは、実 践に関わる専門領域において共通した原則であると思われる。したがって、実践を通して、 そしてそこから得られた体験を通して学びを深めていくことが重要であると思われる。し かしながら、カウンセラーがどのようにその場に“居て”何を“感じ取って”いるのか、 すなわち目に見える技法や応答といった外的側面の背後にある、直接には捉え難い態度や あり方、意図といった内的側面に関しては、実践を重ねていったとしてもすぐには得られ ないような体験のように思われる。そのような、熟練者の中では直観や自明のこととして なかば自動化されている、体験知の正体を言語化し、提示することは可能であり、また必 要なことなのであろうか。そもそもその試みは困難を極めるであろう。それでもその困難 な作業を経た結果、筆者も含めた心理臨床初心者の学びの一つの指針になるのであるなら ば、言語化する努力は無駄にならないのではないと考え

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.