Affordable Access

<Case Report>Implementation of a Social Safety team at the "Drachenfest" / <実践報告>"ドラッヘンフェスト(龍の祭)"でのソーシャルセーフティチームの実施について

Authors
  • Weber, Jeremias
  • Donker, Carissa
  • Heinrich, Carolin
Publication Date
Sep 21, 2020
Source
Kyoto University Research Information Repository
Keywords
Language
English
License
Unknown

Abstract

A social safety team, called "social harassment support team, " found implementation at the "Drachenfest, " one of the largest European larp events with around C, <<< participants. Such a team seemed necessary due to an increasing societal awareness of problematic social behavior and thus, an amplified demand for a solution to deal with such issues at larps. The "Drachenfest" as a unique and challenging environment called for the implementation of something not yet described in earlier research about social safety. This paper will detail the implementation of a social safety team as a best practice example. It will consider questions of how to put such a team together and how to write an accompanying code of conduct. The paper also describes standard procedures for the work of such a team. The team performed admirably but still offered valuable lessons for improvement. The paper seeks to illustrate these lessons to strengthen attempts at implementing social safety teams at other events. / 約5, 000人が参加するヨーロッパ最大級のLARPイベントである「ドラッヘンフェスト」では, 「ソーシャルハラスメントサポートチーム」と呼ばれる「ソーシャルセーフティチーム(倫理問題対応チーム)」が導入された. これは, 社会的に問題のある行動に対する社会的な認識が高まっており, LARPではそのような問題に対処するためのチームの需要が高まっていることから, 重要な意味を持つようになった. また, 「ドラッヘンフェスト」というユニークで挑戦的な環境は, 社会的安全性に関する先行研究ではまだ説明されていないものを実装することが求められていた. 本稿では, ベストプラクティス(最良慣行)の例として, ソーシャルセーフティチームの実装を紹介する. そのようなチームをどのように結成するかの詳細と, それに付随する行動規範の書き方を示す. また, そのようなチームの作業の標準的な手順についても説明する. チームは見事に成功したが, 実施の中で発生した教訓があり, 本稿では, 他のソーシャルセーフティチームの実施のためにそれらを提供するよう努力している.

Report this publication

Statistics

Seen <100 times