Affordable Access

懊形文字学習講座2: アッカド語と新アッシリア文字

Authors
Publisher
奈良大学文学部文化財学科
Publication Date

Abstract

本講座は、全くの初心者beginnerによる、懊形文字cuneiformを使う言語(シュメール語・アッカド語・エブラ語・ヒッタイト語・パラー語・ルゥイ語・フリル語・ハティ語・ウラルトゥ語・エラム語・古代ペルシャ語・ウガリト語など)の学習記録である。 第1回目(1998年「懊形文字学習講座」『文化財学報第16集』奈良大学文化財学科)は、各言語の概要や参考文献、あるいは当面の学習手順などを提示した。第2回目の本稿では、アッカド語Akkadianと新アッシリア文字Neo-Assyriansignsに焦点を当て、下記の参考文献と「ハンムラビ法典」の条文をテキストとし、文字・音価・単語・文法などの検索に努める。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.