Affordable Access

An empirical study of the puffer resource recovery attained by the shorting of the harvest season

Authors
Publisher
慶應義塾経済学会
Publication Date
Keywords
  • 漁期短縮
  • 資源回復
  • トラフグ
  • 豊漁貧乏
  • Aidsモデル

Abstract

漁期初頭を禁漁にすることによる漁業資源回復効果を, 西日本海域の外海産トラフグ資源を事例として, 実証的に分析した。その結果, (1)漁期初頭の禁漁による資源量の増加が著しいこと, そのため, (2)漁期全体での漁獲量を平年並で維持した場合も, 高い資源回復効果が得られること, (3)トラフグの需要の価格弾力性は高く, 漁期短縮と漁獲量維持に伴なう短期的な漁獲の集中による豊漁貧乏は生じないことが明らかになった。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.