Affordable Access

中国におけるコーポレート・ガバナンスの現状と課題 : 日、米法制度との比較的考察から

Authors
Publication Date

Abstract

- 73 - 氏 名 霍 麗 艶 学 位 の 種 類 博 士(法 学) 学 位 記 番 号 第 4918号 学位授与年月日 平成 18年 9月 29日 学位授与の要件 学位規則第4条第1項該当者 学 位 論 文 名 中国におけるコーポレート・ガバナンスの現状と課題 ─日、米法制度との比較的考察から─ 論文審査委員 主 査 教 授 吉 井 敦 子 副 査 教 授 王 晨 副 査 助教授 高 橋 英 治 副 査 助教授 釜 田 薫 子 論 文 内 容 の 要 旨 本研究は、コーポレート・ガバナンスについての、日本、米国及び中国の比較法的研究を行うものである。 研究の手法としては、まず、中国の独自性を把握した上で、先進国において注目を集めているコーポレート・ ガバナンスについての研究を踏まえ、取締役会の監督機能、監査役会の改革、及び機関投資家の株主として果 たすべき役割という三つの柱を軸として、中国におけるコーポレート・ガバナンス改革の課題を考察する。先 進国に存在する各種の企業統治制度は、普遍性と特殊性の結合体であり、中国のコーポレート・ガバナンスの 改革も、普遍性と特殊性から出発して正しい方向を選択しなければならない。本研究は、このような論理に沿 って展開されたものである。つまり、コーポレート・ガバナンスに関する総括と認識から、中国の企業統治制 度の改革をこうした普遍性と特殊性に照らし合わせつつ考察を加える。 本研究は、下記のように章立てのもとに検討されている。 第一章 序 論 第二章 中国の会社法制 第三章 中国会社法における取締役会のコントロール機能 第四章 中国会社法における監査役制度の現状と課題 第五章 中国のコーポレート・ガバナンスにおける機関投資家の果すべき役割とその課題 ─株主によるコーポレート・ガバナンスのあり方─ 第六章 結 語 第一章序論では、本研究テーマを選択する動機、問題の所在及び研究の方法を論じる。 第二章では、本研究の課題とかかわる中国の会社法制について説明する。たとえば、所有者の性格による株 式の分類、国家の利益を代表する国有株の譲渡制限、許可主義の設立原則、複雑な設立手続き及び厳しい上場 制限など、社会主義の市場経済を堅持する中国の会社法の特別な制度の大要について言及する。二〇〇五年改 正法による規制緩和の到達程度についても触れる。 第三章では、中国会社法における取締役会のコントロール機能について論じる。まず、中国の株式会社にお ける取締役会の機能に関する法的な問題、及び法と実態の乖離について検討する。その上で、取締役会による 経営トップに対する監督が不充分であるという状態は諸外国と共通しているが、なぜ取締役会の監督機能はま ったく期待できず、形骸化あるいは機能不全の構造に陥るか、その原因を究明する。ここでは、国有企業から の影響、取締役会の監督と業務執行の機能の混同、権限、責任に関する規制の不明確性を指摘する。膨大な権 限を握る支配人(経理)を、取締役会内部においてどのようにコントロールするかが、まさに中国のいわゆる コーポレート・ガバナンスの最重要課題である。中国の株式会社においても、実効性のあるコーポレート・ガ - 74 - バナンスを図るために、執行と監督の分離を基礎とした経営機関の構造的改革が急務である。取締役会の現実 的な機能は、経営者が健全かつ効率的に会社経営を遂行することを監督する点にあるため、取締役会運営上の 自己監督の矛盾を取り除き、取締役会は経営監督機関として明確に位置付けられるべきである。取締役会の監 督の主たる対象は、支配人である。会社経営の合理化、効率化を実現するためにも、業務執行を行う支配人制 度を整えることも不可避な課題であることを主張する。 二〇〇五年改正法は、上場会社に社外取締役の登用を義務付けるにとどまる。取締役会のチェック機能を強 化するには、取締役会が、取締役会会長、あるいは支配人、とくに大株主から独立性を確保することが必要で あり、取締役会内に置かれた社外取締役を中心とする各種委員会が重要な役割を担う。中国における株式会社 の現状及び株式会社の規模が大きいということに鑑み、全ての上場会社を対象として、取締役会内に指名、報 酬及び監査委員会の設置を、義務付ける必要がある。したがって、委員会の具体的な権限、運営について、証 券監督管理委員会及び証券取引所の上場規則などに委ねることにより、情況の変化に応じ柔軟に

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.