Affordable Access

The Affordance Placed by the Teachers and The Affordance Percepted by the Children : Analysis of the Classes in the School for Children with Intellectual Disability

Authors
Publisher
山梨大学教育人間科学部附属教育実践総合センター
Keywords
  • アフォーダンス
  • 授業環境
  • 児童
  • 教師
  • 知的障害養護学校

Abstract

学校で児童達は,授業環境との相互作用の中で学習を進める。知的障害養護学校に在籍する児童の実態は多様である。教師が予測しない行為を児童が授業の中で示すことがある。この原因を児童に帰属させず,「授業への参加を促すためのアフォーダンスを教師が授業環境に適切に配置できなかった」という視点を我々は持つことにした。この視点から授業(全6回)を計画・実施し,分析した。結果,教師が配置したアフォーダンスと児童が知覚したアフォーダンスとはしばしば一致しないこと,各児童が知覚するアフォーダンスはそれぞれ異なる可能性が高いこと,それらの不一致は教師の工夫により小さくできることなどを確かめた。以上より,知的障害養護学校においてより良い授業づくりをするための一助として,アフォーダンスという理論的枠組みから検討する意義を認めた。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.