Affordable Access

Roles of ZO-1 and epidermal growth factor in esophageal epithelial defense against acid

Authors
Publication Date

Abstract

028 of 大阪市立大学_博士学位論文_2009 - 27 - 氏 名 奥 山 正 嗣 学 位 の 種 類 博 士(医 学) 学 位 記 番 号 第 5090 号 学位授与年月日 平成 19年3月 31日 学位授与の要件 学位規則第4条第1項 学 位 論 文 名 Roles of ZO-1 and Epidermal Growth Factor in Esophageal Epithelial Defense against Acid (酸に対する食道粘膜防御機構におけるZO-1とEpidermal Growth Factorの役 割) 論文審査委員 主 査 教 授 荒 川 哲 男 副 査 教 授 井 上 正 康 副 査 教 授 平 川 弘 聖 論 文 内 容 の 要 旨 【目的】食道上皮間にはタイト結合が存在し、食道粘膜の構造的・機能的防御機構において重要な役割を担っ ている。胃食道逆流症では酸逆流によりタイト結合が傷害され、防御機構を破綻し粘膜傷害が惹起される。そ こで今回我々はヒト食道扁平上皮細胞を用いて、タイト結合蛋白の一つであるZO-1とEpidermal Growth Factor (EGF)の酸に対する食道粘膜防御機構における役割を検討した。 【方法】ヒト食道扁平上皮癌培養細胞であるTE-1細胞に様々な用量のEGFを添加し、酸性化培養液を暴露させ、 細胞生存率、ZO-1の発現・局在、上皮バリア機能を検討した。ZO-1発現についてはWestern blotting法、形態 学的な変化は共焦点レーザー顕微鏡を用いて検討した。上皮バリア機能については膜抵抗(TER, transepithelial resistance)、paracellular fluxを用いて検討した。paracellular fluxはFITC標識デキスト ラン透過性を用いて評価した。 【結果】TE-1細胞はZO-1発現を有し、蛍光免疫組織染色では細胞間に連続するZO-1の局在が観察された。細胞 傷害を惹起させないpH4.0の酸は、ZO-1発現を時間依存性に有意に抑制し、蛍光染色でZO-1発現が破壊されてい るのが観察された。また、酸によりTERの低下およびデキストラン透過性の亢進といった上皮バリア機能の低下 が認められた。EGFは酸非暴露下ではZO-1の発現や上皮バリア機能に影響を与えなかったが、酸によるZO-1発現 抑制を用量依存性に抑制し、TERの低下およびデキストラン透過性の増加といった上皮バリア機能の低下を抑制 した。 【結論】EGFとZO-1は酸に対する食道粘膜防御機構において重要な役割を果たしていることが示唆された。 論 文 審 査 の 結 果 の 要 旨 食道上皮間にはタイト結合が存在し、食道粘膜の構造的・機能的防御機構において重要な役割を担っている。 胃食道逆流症では酸逆流によりタイト結合が傷害され、防御機構を破綻し粘膜傷害が惹起される。本研究は、 ヒト食道扁平上皮細胞を用いて、タイト結合蛋白の一つであるZO-1とEpidermal Growth Factor(EGF)の酸に 対する食道粘膜防御機構における役割を検討したものである。 方法は、ヒト食道扁平上皮癌培養細胞であるTE-1細胞を用いて、培養液を酸性化し、細胞生存率、ZO-1の発 現・局在、上皮バリア機能を検討した。次にさまざまな用量のEGFを添加し、同様の検討を行った。ZO-1発現に ついてはWestern blotting法、形態学的な変化は共焦点レーザー顕微鏡を用いて検討した。上皮バリア機能に ついては膜抵抗(TER, transepithelial resistance)、paracellular fluxを用いて検討した。paracellular flux - 28 - はFITC標識デキストラン透過性を用いて評価した。 その結果、TE-1細胞はZO-1発現を有し、蛍光免疫組織染色では細胞間に連続するZO-1の局在が観察された。 細胞傷害を惹起させないpH4.0の酸は、ZO-1発現を時間依存性に有意に抑制し、蛍光染色でZO-1発現が破壊され ているのが観察された。また、酸によりTERの低下およびデキストラン透過性の亢進といった上皮バリア機能の 低下が認められた。EGFは酸非暴露下ではZO-1の発現や上皮バリア機能に影響を与えなかったが、酸によるZO-1 発現抑制を用量依存性に抑制し、TERの低下およびデキストラン透過性の増加といった上皮バリア機能の低下を 抑制し

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.