Affordable Access

Research history generation from metainformation of research papers using maximum margin clustering

Authors
Publisher
InderScience Publishers
Publication Date

Abstract

スライド 1 T2R2 東京工業大学機関リポ ジトリ T2R2(Tokyo Tech Research Repository)システムは,東京工業大学における教育・ 研究活動の産物である多様な知識資源の体系的な蓄積と発信をめざすTokyo Tech STARの柱の1つであるResearch Repository構築のため,学内の学術研究論文等の 一元的な蓄積・管理・発信を目的としたシステムです。 T2R2利用の流れ 登録のメリット そろそろ何とかしませんか? ・情報化で効率化するはずの作業がなぜか煩雑化の一方 ・同じような入力作業の不毛なくりかえし →個人用業績リストの作成 →科研費・業績評価等、各種報告書類に求められる論文リストの作成 →研究室Webページの業績リストの作成・更新 T2R2がそんな面倒な作業を強力にサポートします。 T2R2の特徴 登録のメリット http://t2r2.star.titech.ac.jp 学内外向け検索 サイトの公開 大学管理のサーバ によるデータの 永続的保存 登録情報の共有 多様な出力 多様で簡便な入力 論文毎に研究者と関 連付けて管理するた め、共著者一人の入 力で情報を共有 検索機能を使い抽出 したデータを個人の 科研の申請書や報告 書、業績リストに利用 東工大認証システムを 介し登録、論文本体の 外部公開には著作権の 確認情報を提供 Tokyo Tech STAR > Tokyo Tech ORR > T2R2 学内体制 T2R2システムは、Tokyo Tech ORR構築ためのシステムです。 東京工業大学の機関リポジトリは、 研究担当理事・副学長を主査とする 「21世紀の個性輝く東京工業大学検 討委員会情報基盤部会」の下に設置 された、Tokyo Tech STAR (Science and Technology Academic Repository)構想として位置づけられ ています。 Tokyo Tech ORRは、Tokyo Tech STARを構成する三本柱の一 つとして学内の学術論文等の一元的 蓄積、管理、発信の役割を担ってい ます。 T2R2への登録 Tokyo Tech Portal (http://portal.titech.ac.jp/) から東工大ICカード認証もしくはマト リクス認証でお入り頂くことで、T2R2 システムの学内専用ページにアクセス →メニュー画面で「東工大リサーチリポジトリ(T2R2)」を選択 T2R2の公開ページ 公開検索ページのURL は、http://t2r2.star.titech.ac.jp/ 研究者情報システムへの入力は? 著書・論文データはT2R2に入力をお願いします。これまで研究者情報システムに登録さ れていた著書・論文情報は全てT2R2に移行します。これにともない、研究者情報システ ムの著書・論文入力はできなくなります。 お問合せ先:東京工業大学附属図書館情報図書館課 e-mail:[email protected] http://t2r2.star.titech.ac.jp/

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.