Affordable Access

Relationship of β2-Microglobulin to Arterial Stiffness in Japanese Subjects(日本人対象者における血中β2ミクログロブリンと動脈硬度との関係)

Authors
Journal
Hypertension Research
0916-9636
Publisher
Nature Publishing Group
Publication Date
Keywords
  • β2-Microglobulin
  • C-Reactive Protein
  • Glomerular Filtration Rate
  • Pulse Wave Velocity
  • Arterial Stiffness

Abstract

日本人男性614例と女性158例とを対象とした研究を行った.上腕足首脈波速度を測定して動脈硬度を評価した.β2ミクログロブリン(β2m)血中濃度を4群に分類すると,濃度が高い群ほど脈波速度が大であった(p<0.037).交絡因子調整後のβ2m最高値群,4群に分けたCRP値最高値群, 両者合併群が3群に分類した脈波速度最高値群を合併するOdds比は,それぞれ2.53(95%CI(信頼区間)1.31-4.89),2.27(1.18-4.34),5.60(2.38-13.2)であった.以上から血中βm濃度高値は動脈硬度と関連すると思われる

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.