Affordable Access

Graham Greene : The Human Factor

Authors
Publication Date
Source
Legacy

Abstract

- 55ー グレアム・グリーン 『人間的要素J をめぐって l妙 、. 4ぺ ? ? 徳、 雨tPi - ? ? ??? If 1 had to choose between betraying my country and betraying n1y friend, 1 hope 1 should have the guts to betray my country. E. M. Forster, Two Cheers for Democracy, 'What 1 ,Believe.' 。 ?? ? ??? ??? ? グレアム ・グリーン(GrahamGreene)は, w人間的要業~ (The HUJJzan Factor, 1978)において,ニ丞スパイの人間像を描いた。乙の作者が, 従来, ー質して関心を寄せてきた主題,愛と憐懲が人聞に及ぼす破壊力へ関心が向 けられ,人!日!の孤独で,!ffi[落しやすい悩況が検討されている点で,乙の作品 は,グリーンの作品系列の延長上に位置することは間違いない。 同11寺iζ,乙の作品で扱われて・ハるのは,現代の南アフリカの緊迫した政情 を=町長とする点間前例ii;?の蛾烈な諜報戦の点っ只中にいる一個の人間の悲劇 である。あまりにも人間的な心↑15の持主で、ある一個人が,非人間的で冷階極 まる政治の枠組のrtで破滅して行く姿は,グリーンが大きな影響を受けたコ ンラッド (JosephConrad)の主題をわれわれに想起させるものがある。 言うまでもなく ,スパイ活動の世界そのものは,乙の作家にとって,むし ろお!?通した分野であった。すでに,w密使~ (The Confidential Agent, 1939)において,内乱に苦しむ:恒国のために,イギリスで石炭を買い付ける という使命を帯びて,イギリスを訪れる元大学教師が見えざる敵と戦うとい う悩況の中で,スパイ活動を描き, w恐怖省~ (The Ministry of Fear, 1943)では,慈善市で民ったケーキに隠されている機密フ ィノレムをめぐって アーサー ・ロー (ArthurRo¥ve)が巻き込まれて行く奇怪なスパイの世界を 拙・いている。さらに, wハパナの男~ (Our Man in Havana, 1958)では,イ ギリスの箆対掃除器会社のハパナ代理屈を経営するワーモノレド (Wormold) が,偽りの諜報活動によってロンドンの諜報機関を手玉にとる話を通じて, れはりスパイ活動の世界を綿密に描いている。政治的・社会的に緊迫した情 ( 443) , • - 56- 況の中で「追う者」と「追われる者」が展開する確執を通じて,極めてグリ ーン的情況が扱われた。 グリ ーンの作品は,その多くがイギリス以外の外国を舞台にしていること は, いまさら言うまでもなかろう。 グリ ーンは, 好んで世界各地を旅行し たが,とりわけ,未開の地における動乱状態をジャーナ リスト的感覚で鋭敏 に把握する才能は,グリ ーン独特のものである。 wイギリスが私を作った』 (England Made Me, 1935)は, スウェ ーデンのストックホノレムを背景と し,wスタンブーノレ特急~ (Stamboul Traz'n, 1932) は,ベルギーから トノレ コまでヨーロッパを横断する国際急行列車を舞台とした。以下,w力と栄光』 (The Power and the Glory, 1940)ではメキシコ, w事件の核心~ (The Heart 01 the Matter, 1948) では西アフリカ, w第三の男~ (The Third Mωz, 1950)ではウィ ンー, wおとなしいアメリカ人~ (T he Quiet Amer- ican, 1955)ではインドシナ, wハパナの男』 ではハパナ, w燃えつきた人間』 (A Burnt-Out Case, 1961)ではコンゴ, w喜劇役者~ (T he Comedz'ans, 1966)ではハイチ, w叔母 と の旅~ (Travels with my Aunt, 1969)では パリからイスタンブーノレ, パラグアイまで, w名誉領事~ (T he Honorary Consul, 1973)ではアノレジェンティンが舞台となっている。 『人間的要素』 以後も, w ジ ュネーヴのフィ ッ シャ一博士~ (Doctor Fz'scher 01 Geneva or the Bomb Party, 1980) ではスイス, wモンシニョーノレ ・キホーテ』 (Monsignor Quixo

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.