Affordable Access

プロジェクト管理におけるコンティンジェンシー許容額の決定

Authors
Publisher
近畿大学商経学会
Publication Date
Keywords
  • コストの見積もり
  • リスク分析
  • コンティンジェンシー
  • Project Cost Estimation
  • Risk Analysis
  • Contingency
Disciplines
  • Computer Science

Abstract

[概要] 今日のプロジェクトは, 複雑で変化が激しいため, プロジェクトをスケジュール通りに予算内で完了することは困難を要する。プロジェクト見積もり責任者は, プロジェクトの分析をするためのツールや方法を必要とする。2つの分析的な方法が, これまで利用されてきた。 1.確率やシミュレーションによる伝統的な分析方法。 2.ニューラルネットワークや人工知能を利用した分析方法。この研究では, プロジェクトのリスクを計測したり, コンティンジェンシーを予測するため, 近似推論方法を提案している。 [Abstract] In today's complex and dynamic nature of projects, it is difficult to deliver the projects on time and within budget. The project estimator needs for developing analytical tools and methods for project estimation. The following two analytical methods are used to treat the problems. 1. The classical approach: Probability and Monte Carlo simulation technique. 2. The modern approach: Artificial neural network and Expert system. This study proposes the application of approximate reasoning method for quantifying projects risks and predicting contingency.

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.