Affordable Access

Changing role of student assistants in college and university libraries in North America

Authors
Publication Date
Keywords
  • 大学図書館 / 学生アシスタント / ラーニング・コモンズ / 北米
  • College And University Libraries / Student Library Assistants / Learning Commons / North America

Abstract

北米の大学図書館における学生アシスタントの役割の歴史的変遷 呑海 沙織† Changing role of student assistants in college and university libraries in North America Saori Donkai 概要: 本研究では、北米の大学図書館において不可欠な存在である学生アシスタントに着 目し,その役割の歴史的変遷について考察を行った。北米の大学図書館における学 生アシスタントの役割を類型化すると,(1) 図書館業務を量的に補佐する役割,(2) 図 書館業務・サービスを質的に補佐する役割,(3) 図書館サービスを拡張する役割,の 3 つに分けることができる。これらは,時代とともに変化したというよりも,新しい 役割が時代に応じて追加され,現在においてその役割は重層的になっているととら えることができる。 キーワード: 大学図書館,学生アシスタント,ラーニング・コモンズ,北米 Keywords: College and university libraries, Student Library Assistants, Learning Commons, North America 1. はじめに 現在,北米の大学図書館では,学生アシ スタントが不可欠な存在となっている。例 えば,北米の大学図書館を中心に普及して いるインフォメーション・コモンズ (Information Commons)やラーニング・ コモンズ(Learning Commons)といった 学習支援空間では,学生アシスタントが重 要な役割を果たしており,情報通信技術支 援やレファレンス・サービスを担うなど, 学習支援に直接的に関わっている。 ラーニング・コモンズは,インフォメー ション・コモンズの発展形と捉えられてお り1,「主として学生を対象とし,学習支援 のための設備・施設,人的サービス,資料 を総合的にワンストップで提供する学習支 援空間」と定義することができる2。ここで † 筑波大学図書館情報メディア系 いう「学習支援」には,大学図書館でこれ まで提供されてきた従来型の学習支援にと どまらない,より広範囲のものを含む。よ り広範囲な学習支援を総合的にワンストッ プで提供するためには「他部署との連携」 とともに「学生アシスタントの活用」が必 須であり,今日ますます学生アシスタント の重要性は高まっている。 このように北米の大学図書館にとって重 要な位置を占める学生アシスタントは,い つごろからどのように導入されたのだろう か。また,その役割に変化はあったのだろ うか。本研究では,北米の大学図書館にお ける学生アシスタントに着目し,文献調査 からその役割の変化について考察を行うこ とを目的とする。 132 2. 北米の大学図書館における学生ア シスタントの現状 北米の学生アシスタントの役割の変遷に ついて考察を行う前に,大学図書館で働く 学生の呼称を整理するとともに,現在の北 米の大学図書館における学生アシスタント の規模を把握しておきたい。 2.1 大学図書館で働く学生の呼称 北米では,大学図書館で働く学生につい て,下記のようにいくつかの呼称が使用さ れている。 ・Student helpers ・Student workers ・Student employees ・Attendants ・Student assistants / Student library assistants かつて使用されていた ”pages”や ”stack boys”という呼称3が示すように,名称その ものが図書館で働く学生の役割を表す場合 もある。本来であれば,それぞれの時代に 応じた呼称、あるいは実際に用いられてい た呼称を使用すべきであるが必ずしも統一 されているわけではないので,本稿では「大 学図書館で図書館業務に従事する学生」を 「学生アシスタント」として統一する。 2.2 学生アシスタントの規模 学生アシスタントは大学図書館において どの程度の規模を占めているのだろうか。 表 1 は,2008/2009 年の北米研究図書館協 会(Association of Research Libraries: ARL)の統計4より作成した北米の研究図書 館のスタッフ数を種別毎に表したものであ る。114 の大学図書館と 9 つの非大学研究 図書館のスタッフ数の総計は 40,302 名5で あり,うち図書館員(Professional S

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.