Affordable Access

RC梁に接着したFRPシートの曲げ付着特性に与えるシート補強量の影響

Authors
Publisher
日本コンクリート工学会
Keywords
  • 511
  • Rc梁
  • Frpシート
  • せん断スパン比
  • シート補強量
  • ピーリング現象

Abstract

FRPシートを用いたRC梁の合理的な曲げ補強設計手法を確立するため、FRPシート補強RC梁の曲げ載荷実験を行った。本研究では特にRC梁のシート補強量やせん断スパン比がFRPシートの曲げ付着性状に与える影響について検討を行っている。本研究結果より、シート補強量の少ない場合はせん断スパン比に関わらず上縁コンクリートの圧壊に伴うシート剥離破壊、シート補強量の多い場合は圧壊以前に剥離破壊する傾向にあることか明らかとなった。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.