Affordable Access

Die Maßnahmen der Deutschen Polizei zur Öffentlichen Sicherheit Unmittelbar nach dem Einmarsch der Alliierten und das Empfinden der Bevölkerung : In den "Besonderen Vorkommnissen" durch das Städtische Polizeiamt Gelsenkirchen Festgehaltene Verbrechen durch Ausländer (1945)

Authors
Publisher
慶應義塾経済学会
Publication Date
Keywords
  • 脱警察化
  • 非武装警察
  • 武装外国人
  • 犯罪(性)
  • 住民感情

Abstract

ドイツにおける戦後警察の歴史研究は, 今世紀になって萌芽の兆しをみせ始め, 一部で連合軍占領期を対象とする分析の深化が図られている。しかし, 「ドイツ的」な治安機能を解除すべく占領軍が試みた警察政策の「成果」を巡って, 制度・組織上の地域的な多様性が明るみに出たものの, 末端レヴェルの業務実態に根ざした実証研究は, 本格的な段階に到達していないのが現状である。ドイツ警察による治安実践の「現場」は, 如何なるファクターによって突き動かされていたのだろうか。本稿は, その一考察である。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.