Affordable Access

RC発振器の出力変動について(1)

Authors
Publisher
津山工業高等専門学校
Publication Date

Abstract

RC発振器の出力が,60~附近において,その出力電圧の6%位(最大)から0.3%位の緩慢な振巾変動を行う現象が観察された。本論は,その簡単な報告であるが,此の現象は,かかる発振器の性能を判定する有力な一方法であると考へられる。ちなみに,問題となった発振器の規格周波数は,それぞれ,10c/s~500kc,及20c/s~200kcで何れもウィーンブリッジ型である。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.