Affordable Access

All's Well That Ends Well as a Problem Play

Authors
Publication Date

Abstract

よければすべてよし」 の レナと二つの課題 ? ? 民 ?↑ ? ? ? 「 :皐 |りよければすべてよしの結末は,パートラムとヘレナの結婚でとい りは, rl山diすが和解して紡~~lJミして必を閉じている。 iij-後 I( 乙 itが語るよう コボめでたしめでたしは終 っ ているとは『?え '. そ乙には調~:nのシンボル 日うべき踊りや,他の登場人物からおい:人民寄せられる祝福のtl和・ え見吋ら位L 、~ H vet SeenlS ¥v,eH_ and if it endso meet,/'111ebitter 仰 st, JTlor ¥¥1elcorne IS the S¥Vcet. (¥' . iii. 331 ~ 2) がうまくいったようだ。終りが乙うめでたくおさまれば, i'奇い 乙とは過吉よ・って. けい ζ とのおとずれカ プロットの必然的帰結からノ 容は乙の必切にはいさ会かイ 行fi~J と呼ぶには問題があろう1 を曹 「問題劇 と5t!J放すことに手 容りよければすべてよしはーパでパえば,一人の強制な,むぷ)Jを持っ たうら若いtJ:ttが自分にはあまり関心を寄せない児性を,いかにしてものに Aかというプロセス lを扱った作fillだと tj-える。乙のプロットはロマンスの 求愛法をいわば逆手にとったパターン告示什fとしている。ローマ喜劇Jではお 11染の(ほら吹主兵f::~ (':rniles g]oniosus')のヴァリエーションともパう べ去パローレスの脇筋が姉人されているものの,観容の関心はも っぱらヘレ ナの行動へと向'1 られる。 J~. K.チェインパーズの推定,(乙よれば,乙の作1151 ヘレナは結ばれているとはパえ じ符ないのである。純粋のな味で HPi t 、労 IJN~\が織J り成す ζ のえ7fi; トラム 95 - 2- の執筆年代は1602 3年という乙とである。 ζの時代にはもはや先行する喜 劇j群にみられるような明るくて健全な喜劇的精神はなりをひそめて,四大悲 劇にまじって, wトロイラスとクレシダJとか 『尺には尺を』といったよう な同類の問題劇が矢継早に創作されている。 ζのような作者のドラマツルギ、 ーの推移は,伝記的あるいは社会的な背景も一因となっているが,やはり シ ェイクスピアの芝居に対するヴィジョンなり関心が変わりつつある ζ とを意 味するのではあるまいか。 ヘレナはロマンチック ・コメディーと呼ばれる喜劇群に登場する‘comic heroine'とは異質のタイプである。『じゃじゃ馬馴らしJ は例外として,そ の他の喜劇では,若いヒーローとヒロインたちはそれぞれ相手を憎からず思 っている。ある種の外的な事情の為~r..,彼らの恋の成就は一時的に妨げられる けれども,結末においてはそれが解決されてめでたく結ばれる運びとなって いる。亡父の遺志によって箱選ぴを課せられているので,自ら夫を選ぶ権利 を持たないポーシャ,自尊心の故に心のうちを率l~i ~r..打ち明けられないベア トリス,小姓姿l乙身を変えた為に愛する男性l乙女性として接する ζ とのでき ないロザリンドやヴァイオラ 一一乙れらの愛すべきヒロインたちの置かれて いるつらい立場というものをわれわれは熟知しているし,恋の成就に困難や 障害が伴なえばそれだけ一層,観客の自然な心理的反応として深く同化さ れ,最後にめでたく結ぼれれば祝福を与える乙とになる。 と乙ろが,ヘレナの場合は片思いであり,上記のヒロインの場合とは少し く状況が違っている。パートラムはヘレナの乙とを自分の家の小間使の女ぐ らいにしか思っていない。むしろ嫌ってさえいるのである。気の進まぬ相手 を否応なしに獲得しようとするような状況設定は, wじゃじゃ馬馴らし に 登場する男女の役割jを顛倒したものに類似している。ヘトルーチオは持前の 教育法で,いやがるキャタリーナを自分の理想に合った妻へと仕立てるのに 奔定する。二人の性格という乙ともあるけれども,フアースめいたプロット である為,r..,われわれは乙の芝居を一笑に付す乙とができるのである 。だ が, w終りよければすべてよし』で作者が提示しているのは,人間の業,性, 非,慈悲,寛容といった人間の根元的な本性に関わるシリアスな問題であ り,ヘレナは否応なしにそれにi直面して対処しなければならない。 ノ〈ートラムを首尾よく獲得する為にヘレナが果さなければならない課題と いうのは,国王の病を治療する乙ととノ〈ートラムの提出した条件(1 .犬の 指輪を得る乙と, 2.夫のf供を宿す乙と)を満たす乙と

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.

Statistics

Seen <100 times
0 Comments

More articles like this

All's well that ends well.

on Trends in Cell Biology July 2001

ALL'S WELL, THAT ENDS WELL.

on California state journal of me... March 1913
More articles like this..