Affordable Access

Study on the outer space law-making process in the United Nations

Authors
Publisher
慶應義塾大学大学院法学研究科
Publication Date

Abstract

はじめに 一 国連における宇宙法形成の概観 (一) 宇宙法の位置づけ (二) 法形成の意味 (三) 国連における宇宙法形成の特徴 1 予備的規制 2 科学技術, 法律, 政治の調和の必要性 3 コンセンサス 二 国連における宇宙法形成のための組織的枠組 (一) 宇宙空間平和利用委員会 (二) 宇宙関連国連機関 (三) インプット機関 1 科学技術的側面におけるインプット機関 2 法律的側面におけるインプット機関 a 非政府間機構 b 国内宇宙法研究所 三 国連における宇宙法形成のプロセス (一) 審議の提起 (二) 科学技術小委員会におけるプロセス (三) 法律小委員会におけるプロセス 1 議題の採択 2 作業文書の提出 3 作業部会の設置 4 草案の採択過程 (四) COPUOS及び国連総会におけるプロセス 1 COPUOSにおける審議 2 国連総会における審議 (五) 非公式交渉おわりに

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.

Statistics

Seen <100 times
0 Comments

More articles like this

International law-making for outer space

on Space Policy Jan 01, 1989

Outer space and the law.

on The Medico-legal journal 1967

Outer space and the law.

on Canadian Medical Association j... Sep 09, 1967
More articles like this..