Affordable Access

Charles P. Kindleberger, Foreign trade and the national economy

Authors
Publisher
慶應義塾経済学会
Publication Date

Abstract

C. P.キンドルバーガー著 外国貿易と国民経済 じこめず、 , '生きた社会的 • 歴史 .的 # 件の中で: 追求し .で. いるとと r 欠 ^ とは 、: . 思想分析に必 要な鋭い問題意識が、: 伝記的興味の中に散逸 してしまぅこと、 . である。モリ -1 エの r ブラ •'/ • -'^ J .と: .' フー .シ X の 「 フ .ル . .1 ド .ン 」 .と :を 比 へれば前者力す .ぐれて v >■るょ ラ .に .思 . .え .る。 ブランキの経歴そのも 'のがもつている員 深^ ざは別にしても、プルードン: 論の方は: 著書自 身の考え方に問題があるからで奴ろぅ -.訳文 も '、プル, — .ドンの文章自身が難解なた: めか、 ブランキ論の方がょみや . .す .い。 ' . . V :ところで大舉命の .婶やかしさ .の影にかくれ ' たためか、 -大苹命以後 ©'フラン ,ス.の歴史研究 が余りにわが. 国に少く、七月单命、 \ニ月苹命 に; ついても、 : 余りに, 知られていないづとこ' ろ がこの時代のフーワンスゆ、きわめて多くの思 ^ 家 .'. . .礼会運動家を生み出している © であ 'っ . て、か: れらの思想研究のためには、その背景 としてのゆたかな時代認識が要求されるので あ る 問 題 意 識 に 難 点 .は あ る 'にしても、,, . 本書 は フ ラ ンス人のみ .たフランスの思想家、 . .運動 家論であり,その点、フランズ史ー般への時 代認識がゎれゎれの参考にな厶。 ':: V . ゎれゎれはノ /マルクスの .「 フラン 'ス; にぉけ . !ル十八日 | _によつて 一 一 .月革命を ,-'同じく 「 フへラン久における ^-乱ビにょっ .て 。ハ:リ ‘: n ン ミュ I ン : を、 「 哲学 .の貧困 ,-' にょってプル' 丨 Mド ンを 知つて いる。だがそれと同時に、 一本書: のょぅな、 ::-'-共和国フラン: ‘ スのギたフランス史 ' を も読. む 必要が ( あろぅ。 ;さいごに、原著の: 原 題そ の . .他を明記してほ. , しか 0 た, こ .とを_ . つけ如 える。 ( 現代思潮社 ..1 :「 九六三 .年. 七月刊, 四 六判, ニ三〇 Hi 〇〇円 ) :— 野地 . .洋行 I チャー ルズ .P . キンドルべ. 丨ガ ー 著 : 『 外国貿易と国民経済 :: - -- ... ,'■. . - • . - • . ' Chanes p. Kindleberger, JForeign . / , 'Irrado pp^^g '.^g^o tsa L Economy. '本書 . .は比較経済学 . ( c o m p a r a t i v e、 e c o n o m i c s ) . の研究シリー ズの第一一, 巻であり、:本研究. シリ - 、K は経済学のそれぞれの特窀部 r i.を,稀々 なる各国経済の経験に. 照らして分析すること を目指している。 ( なお、 :その第一巻は、 : E . H . P h e l p o B r o l , . T h e . . E c o n o m i c s . o f . L a b o r で . . . ' ある " ) .,. 'この趣旨にそい、著者は、二つの問題に限 ■■I H ハ ' :( ioos . へ定して、世界的な パ レ .ス , 。 へタティブを もつ .て ■諸国における質易の, 地位に関する簡明な比較 研究 ^ 行なっでいる。すなわち、第一の問題 は 、 ' 国際貿易において、各国が: 輸出. 入する fit- の'種類と量 ■を決定するものは何か n 贸易の 決定因: で

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.