Affordable Access

【肝病態生理研究のあゆみ】 ウリナスタチンによるNO産生抑制効果の肝細胞での検討

Authors
Publication Date
Keywords
  • Ulinastation、Nitric Oxide、Hepatocyte、Endotoxemia、Liver Damage、4
  • 5-Diaminofluorescein

Abstract

ウリナスタチンによる各種サイトカイン産生抑制効果が敗血症時,肝において過剰に誘導産生されるNO産生を抑制し,肝障害を抑制するか否かをdiaminofluorecein-2diacethyl(DAF-2DA)法を使用し,lipopolysaccharide(LPS)投与肝臓障害モデルで検討した.敗血症モデルのLPS投与ラットでDAF-2DA法によって産生されたNOがウリナスタチンによって抑制され,ウリナスタチンが敗血症時の肝における誘導型NO産生を抑制し,肝細胞傷害を抑制する可能性が示唆された

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.