Affordable Access

明治初期の地価変動について : 田地を中心として

Authors
Publisher
慶應義塾経済学会
Publication Date

Abstract

明治初期の地価変動について -田地を中心として- 明 治 扨 则 の 地 调 變 動 に つ い て , 四六 ( 三 四 四 〕 明治初期の: 地價變動に f いて I田地を中, 心とし .て . ’地祖改疋に當 ” て劃期的改革の、一つと醒はれた法定地 M.Q 設定ギ .その: 算定 .基礎 -|:: る純收益ヒ .つ, •いて: は幾多の 矛 « :を內藏し T .ゐ . t i: ° 翁つ, てが . >;-る法定頻 :«を課我標準 とする新地祖紙、 : * 埒 (0:期 . #ぜる希望 .> 籠 ^ を與べ . #. ' .なかづ: 忆 :0は當然であ名 '0こめ拿實はク牠租改芷の方向: : ポ基体 ■ にf T 舊來 S 歲人ヲ ■減せサ .ル .目^的卜 .シJ、 % ; ^ 同晚: に、,地 « の終局晰诀定: に採用 .$れだ乎段が或は久札 ., で * り, f ‘ '時には官憲 . .の艇カさ:へ划 . 'へ■.られ l:c ど. .( 能 .I .〕 を .• • . ~ - - • 、. + . '考 .へ# ぜるならば十分理解即來參ぅ 0;艾れ放に --?薪地 »; を '繞 .って # -地: に農思騷擾が惹起されぢのであ .つ fe。'‘ . .然し乍ら法定地 0 決觉の上に描 .き出され仁矛盾法、明 、 \ 金• 丸 > : 平八、 '治政府の性格 .を反映 ,1>^ も; の: で & あつ亿。 811 ,-^ 大膽な表: 現が許されなならば、 : 施粗改芷は康始 *|5; 0 .^^的役割へ • §::徵當せ 1>_め ( る紙提 (0 .-^ に、 .:地虫惜級 0. 保 _ 免目的と: -1/. 'て行 .はれ每のである。地虫. 階級は茛額な施祖改芷費の 称七 0^ 以本厳ー -を負锵する代償とし .て >: 小作料の.: * 保を政府、 に保證せし # ね。 .'その .結课金納地祖と, 物納小 . . .作料ふぬ .竝存レ、: : 而ぶ爾穿の '«淨冬ところが: 前脅は法 . : 窀地 .慎に .V;:. 紙者 . 她價に: と ,:> 全然異なれるものであ 1 っ |:が故吃 .: : 兩地 11 0-厕離は: 地虫階級に |營有利に作用 ' ;u fi。こ .の斯比逆 1-、 : .小農、 .自作農 0:錄を意味す石 。:': 政 ^ 如 .> 各變動 0:結果に對 _し :^_ 盲目であつ ?: ゎけではな .い --0 ',: '-?: れ故に .、 '地儐を |^|? の度每に改 :11£; し、. 雨者の賴膨を阯止せんどし ?:ので 4 っ ^;:' :£ー5 : 然し .か意圖も明治七年 五 ::!: の太政官 $ 第百五 ;±1 1滅> ド を經て、十七竿三 K 制足の新哋租法が舊倐例の第六、 -A 奪 S5, を削除するに及んで、 , 地那西分ノニ個半の固 .忠化と北ハに、法定地憤はその後昭和六年地租浓 -.€>改犯に 至る迄遂に .改钉されることな. かつ |:のであつ卞 " かくて地主階級は地祖と小作料との裳益を收めるに 11: ま •らす、 ‘ -ill に來憤 ^ -貴を直接股 ® -す^る地债 i l貴 H パ作 料の ® S; を通じて、そ. の收取關係を祺雜辻娲岡ならし妁 • れのである。か >る觀點ょ、すれば、明治六^ -の地狃改 ■Hに罾 | |され ?:碑家、 地主 .、 小作の, 取得分の此 _ は、 :.0:^ 办 茧 ば 單 純 な ^# 農にユる鐵 ^^ ま る 十 _ ;; .なぐ、 M に み れ f c 伴ふ小作料の高騰を併せ港へね ■ば. なら い, 。: : f 〕 魏 i 侬 r 驰主: 必; 甯拓化は ' . : 1 :

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.