Affordable Access

Contribution of cell cultures to the Nobel Prize

Authors
Publisher
岡山医学会
Publication Date
Keywords
  • 細胞
  • 培養
  • ノーベル賞

Abstract

約1世紀前に, 生きた組織や細胞を動物の体外に取り出した研究―組織培養あるいは細胞培養―が始まった.その後の研究の流れの中で, 1) 組織・細胞培養の特性を生かして行われた研究でノーベル賞に輝いた研究, 2) 組織・細胞培養の経験をもつノーベル賞受賞者, 3) ノーベル賞にはならなかったけれども特記できると私が考える細胞培養の研究,などについて取り上げてみたい.

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.

Statistics

Seen <100 times
0 Comments

More articles like this

A Nobel Prize for cell biology.

on Nature Cell Biology November 1999

Nobel prizes for cell death research.

on European Journal of Cancer November 2002
More articles like this..