Affordable Access

AFRPシート曲げ補強RC梁の破壊性状に及ぼすシート接着長の影響

Authors
Publisher
日本コンクリート工学会
Publication Date
Keywords
  • Rc梁
  • Afrpシート
  • 曲げ補強
  • シート接着長
  • ピーリング
  • 511

Abstract

本研究では、AFRP シート曲げ補強 RC 梁のシートの剥離性状に及ぼすシート接着長の影響を検討することを目的として、シート接着長が異なる曲げ補強 RC 梁の静載荷実験を実施した。その結果、1) 定着部接着長と必要定着部接着長の比である定着部接着長割合が 0.46 以上 1.0 以下の場合は、載荷点と端部における複合ピーリングにより剥離するが、計算耐力および変位の 90 % 程度以上を確保できる曲げ圧壊型に分類される、2) 定着部接着長割合が 0.37 以下の場合には端部ピーリングが卓越し剥離破壊型となる、等が明らかになった。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.