Affordable Access

Sōsetsu daigaku niokeru rinshō kenkyū no suishin

Authors
Publisher
山梨大学医学会
Keywords
  • 臨床研究
  • グローバル開発
  • Ethnic Factor
  • トランスレーショナル・リサーチ
  • 早期・探索的臨床試験

Abstract

医学を始めとしたライフサイエンス領域において,日本の基礎研究のレベルは高いとされており,その研究を結実させて臨床の現場へと提供するためには,日本における一層の臨床研究の推進が必要であり,大学はその場として重要な任務を課せられている。新規な医薬品開発は臨床研究の具体的な成果を示す重要な分野である。近年では,国際標準となる開発手順や規則の導入により日本と欧米各国との承認時期の差を解消する国際共同試験によるグローバル開発が普遍的な手法となってきており,日本の役割も小さくない。ただ,時として薬剤の反応には民族的ないし地域的な差異が認められる場合があることを考慮すると,国際的な医薬品開発に際してはこのようなEthnic factorを考慮した欧米と早期からの同期した参画が日本として必要である。また最近では疾患関連遺伝子や薬剤の反応に関連する遺伝子の発見がなされ,分子生物学領域での知見に基づいた個別化医療に資する薬剤が開発されるようになってきている。この領域での大学などアカデミアの貢献度は大きく,アカデミアでの基礎研究の成果を臨床応用に繋げる研究者主導の質の高い早期・探索的な臨床試験を実施できる基盤や制度の充実が喫緊の課題となっている。従来,日本の大学医学部は臨床研究の中核的組織として様々な臨床研究や臨床試験を計画・実施してきた歴史を有しているが,これまでのところ信頼性の高い臨床試験を的確に企画・実施して新規なエビデンスを創出してきた例は限られたものであった。日本は新規なメカニズムを有する医薬品を創出する高い能力を有しており,その成果を社会に示すために大学としての具体的で

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.