Affordable Access

Development of Allylation Reaction of Ketimines under High Pressure Condition. Part 1

Authors
Publisher
弘前大学教育学部
Publication Date
Keywords
  • 超高圧条件
  • ケチミン
  • アリル化反応
  • 四級炭素構築
  • 14族元素

Abstract

 電子的・立体的要因から反応性が低いケチミンを活性化し、有効な含窒素化合物の合成基質として用いる手法の開発は重要である。またケチミンを反応基質として用いる求核付加反応では、光学活性第四級炭素の構築も可能となり、非常に有用な反応であると考えられる。ケチミンを用いたストレッカー型反応は、常圧下ではほとんど進行しなかったが、高圧条件を用いることによって高収率で進行した。今まで、電子的・立体的に非常に嵩高く、反応性に乏しいといわれていたケチミンだが、高圧条件下で反応を行うことにより、ルイス酸等の触媒を用いなくとも容易に反応が進行するということを本研究から見出すことができた。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.

Statistics

Seen <100 times
0 Comments

More articles like this

Superconducting properties of SmFeAsO1− xprepared...

on Journal of Physics and Chemist... Jan 01, 2010

Metal-silicate-water reaction under high pressure....

on Physics of The Earth and Plane... Jan 01, 1992

Development of a detailed high-pressure reaction m...

on Fuel Processing Technology Jan 01, 2003
More articles like this..