Affordable Access

A Study of planning approach on regeneration of the housing estate with many condominiums in the suburbs toward the sustainable living

Authors
Keywords
  • Ndc:365.35
  • 再生
  • 郊外分譲集合住宅団地
  • 持続型集住
  • Regeneration
  • Housing Estate With Many Condominiums In The Suburbs
  • Sustainable Living

Abstract

(千葉大学学位申請論文) 持続型集佳 に葺むけて 砕 郊外分譲集合住宅団地再生 に関する 計画的 2005年 1月 千葉大学大学院自然科学研究科 人間 ・ 地球環境科学専攻環境建築学 か 杉 学 究 持続型輿佳 にむ けた郊外分譲集合住宅団塊再 生をこ関ず る計画的研究 目次 策 1牽 序 弘 1 . 1 1 . 錬題の 背寮 i . ユ . 1 1 . ま . 2 1 . i . 3 1 . ユ . 4 1 . 呈 . 5 1 。 ユ . 6 1 や 1 . 7 研究の 意義 ・ 1 . 2. 1 1 . 2 . 2 1 . 2 . 3 フ ロ - からス トッ タ へ マ ン シ ョ ンス トッ ク マ ン シ ョ ン建替え 問題 郊外分譲集合珪電団地 団地再生 サス テ イ ナ ビリテ ィ ス トッ ク型社会 の建築計画 目的 概念提起 研究の 目的 研究 の位置づ吋 1 . 3 研究対象 の位置づ吋 ユ . 3 . 1 郊外団地 の 分類 ま . 3 . 2 事例団地 の 耽要 且 . 3 . 3 事例団地 の軽輩づ け 且 一 4 研究 の 枠組み と方法 1 . 4 , ユ 奉研究 の枠組.み 1 . 4 . 2 研究 の 方法 第 2牽 再開発 と団地再生 の比較考察 2 . 正 本葦 の意義 宏 . 2 . 3 望 , 4 2 . 2 . 2 . 1 . 1 2 . 1 . 2 2. 1 . 3 2. 1 . 4 調査概要 2. 2 . 1 2. 2 . 2 目的 奉研究 の鐙置づ 吋 課題 の 背景 「持続型鼻柱 シス テ ム+ の 提起 奉車 の 目的 調査対象 網査方法 ・ ・ 。 ・ 事 ・ 1 ・ ・ 書 ・ 86 i 西/j、中台住宅にお ける等価 交換建替え か ら団地再生 に至 る検討活動 の概要 等価交換建替え構想案と合意形成 の 考察 2.. 4 . 1 2 . 4 . 2 2 . 4 . 3 2 . 壕 . 4 2 . 4 . 5 合意形成 プロセ ス 等価交換建替え構想案盲こみる 「理念+ 等価交換建替 え構想案肴こみ る 「目標像+ 等価交換建替え構想案経 み る 「方蔭j 等価交換建替 え検討プロセス 招特赦 「持続型集佳 シス テム+ と r策定活動+ の考察 2 . 5. 1 2 . 5 . 2 2 . 5 . 3 2 . 5 . 堵 2 . 5 . 5 2 . 5 . 6 本尊 の ま とめ r学習段階+ 事こお終る活動 プロセ ス の概要 専門家と の対藩 を通じた学習の 内容 - 般佳民との 対蓄 を議 じた学習 の 内容 学習段階毒こお 吋'る 専門家の 役割■ 学習段階が - 般住民 と推進絶縁轟こ亀たち した効果 「持続型薬佳シス テム+ の基奉的条件の整理 第 3輩 棟劉建替 え構想案 の比較評価 3 t l 奉牽 の意義 3 書 3. 3 3 . 逮 3 . 5 3, . 6 3. 3 . 3 .. 急 . ま 3 . 呈 . 2 3 v 且 . 3 3也 息 . 4 調査概要 3 . 2 - ユ 3 . 2. 2 目的 奉牽の位置づ 柑 深層の背景 「単数 軌 練熟建替 え と 「ゾ - ン型j 棟劉建替 え 奉輩の 目的 調査対象 嗣査方法 ・ ・ I ・ ・ 8 9 壌別建替 え検討活動 の概要 棟駒建替え検 討プロ セ ス の 要素分解 毛デル 事例事こ患をナる検討プ ロセ ス の 要素分解 棟別建替 え構想案の考察 3 . 6 . ま 錬別建替 え構想案の 検討プ ロ セ ス の 整理 3 ・ 6 ・ 2 提案M 2 (六浦宙住宅 ・ モデ)t' レベ ル構想案) の 評価 3 , 6 . 3 提案S 2 (撫訪 二 丁 目住宅 ・ 3 . 6 . 趨 提案 S 3(諏訪 二 丁目住宅 ・ 「棟劉建替え構想+ の提案 3 . 7 . ユ 住戸 交換 を活用 した合意 形成 3. 7 . 2 環境整膚 3. 7∴ 3 棟嗣建替え 合意形成 プElセ ス 本章 の ま とめ 第 4馨 居室増築事業と棟罰合意 形成 の 考察 4 . i 本章の意義 4 . 凌 . 3 唾 - 4 4 . 5 4 . 6 4 . 7 4 . 8 4 . 1 . 1 4 . 1. 2 4 . 1 . 3 調査痕要 4 . . 2 . i 4 - 2

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.