Affordable Access

北海道農村におけるウェルフェアミックスの可能性

Authors
Publisher
佛教大学大学院

Abstract

北海道農村においては「食料・農業・農村基本計画」による基本方針と、北海道農村が持つ特殊性を踏まえた農村計画が必要である。本稿では、法定組織、営利組織、ボランタリー組織、インフォーマル組織はいかなる構造と機能を持つのかについて、1978年のウルフェンデン報告、1986年のウェルフェアミックス、1990年の福祉国家レジーム、そして現代社会におけるプライバタイゼーションとPFIにかかる、英国の事例を踏まえながらウェルフェアミックスを推進する福祉社会の将来についての考察を行った。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.