Affordable Access

Norme Generali sulla Partecipazione dell'Italia al Processo Normativo dell'Unione Europea e sulle Procedure di Esecuzione degli Obblighi Comunitari: Legge 4 Febbraio 2005 n. 11, "Legge Buttiglione"

Authors
Publisher
慶應義塾大学大学院法務研究科
Publication Date

Abstract

イタリアのEU立法過程への参加および共同体義務の履行手続に関する一般規定 : 2005年2月4日付法律第11号(ブッティリオーネ法) 慶應法学第23号(2012:5) イタリアのEU立法過程への参加および 共同体義務の履行手続に関する一般規定 ─2005年 2月4日付法律第11号(ブッティリオーネ法)─ 東   史  彦/訳 訳者はしがき 2005年 2 月 4 日付法律第11号(ブッティリオーネ法) 翻訳 訳者はしがき  EU指令の実施は、当初イタリアでは、通常法律の制定や、政府の委任立法 により行なわれていた。しかしその手続は、各指令ごとに法律等の制定を要 し、そしてその多くが政府の委任措置による補完を要することから、結果とし て慢性的な遅延をもたらしていた1)。  実施手続の合理化の最初の試みは、1987年 4 月14日付法律第183号(ファッ ブリ法)2)である。同法は、従前の手続を能率化し、行政規則による指令の実 施を最大限可能にした。同法により、指令実施の遅延は大幅に改善された3)。  1)GERLI, Simonetta, red., Diritto dell’Unione Europea, Simone, 2010, p. 98.   2)Legge Fabbri, 16 aprile 1987, n. 183, Gazzetta Ufficiale n. 109 supplemento ordinario del  13 maggio 1987.   3)GERLI, op. cit. at 1, p. 101. 翻訳(東) 268  続いて、「イタリアの共同体法制定過程への参加および共同体義務の履行手 続に関する一般規定」を定める1989年 3月 9日付法律第86号(ラ・ペルゴラ法)4) が採択された。同法は、当時の共同体法のイタリアにおける実施手続を初めて 完全な形で規律するものであった5)。同法は、その目的として、イタリアの欧 州共同体への加盟に由来する義務の履行、規則、指令、および決定により生じ る義務の履行、ならびに欧州司法裁判所により確認された国内立法および行政 規定の共同体諸条約規定との不一致により生じる義務の履行を確約した( 1 条)。また、同法は、年次の「共同体法律(legge comunitaria)」の採択を規定 していた。共同体法律は、直接的に共同体法(指令およびその他の直接効果を有 しない法的行為)の実施規定となり、抵触する国内法規定を廃止し、共同体法 のイタリアにおける完全な適用のために必要な措置を規定し、または政府が、 共同体法律に定められた基準にしたがい、委任立法もしくは行政規則の採択に より共同体法義務を実施することを認めるものである6)。  このようなラ・ペルゴラ法にもとづく制度は、採択後初期は効果的に機能し たが、その後混乱を生じ、イタリアは共同体指令の実施に関して再び劣等生の 一国に戻った。イタリアによる指令実施の遅延には、いくつかの理由が考えら れる。一つは、立法手続の遅さである。これは、特に共同体義務の履行のため の立法活動にのみ限った問題ではない。イタリアの立法手続は、完全ないし平 等な二院制を採用しており、両院が同一の立法案に関してそれぞれ承認を与え ねばならず、修正案が出された場合は、一方の議会から他方の議会に付託され る、といった特徴を有している。その他の理由としては、同法が、緊急の性質 を有する立法機能の行使を可能にする手段を備えていない点が挙げられる7)。  4)Legge La Pergola, 9 marzo 1989, n. 86, Gazzetta Ufficiale n. 58 del 10 marzo 1989.   5)GERLI, op. cit. at 1, p. 101.   6)CONDINANZI, Massimo, L’Adattamento al Diritto Comunitario e dell’Unione Europea,  Giappichelli, 2003, pp. 31−32.   7)CONTALDI, Gianluca, “La disciplina della partecipazione italiana ai processi normativi  comunitari alla luce della riforma della legge La Pergola”, PREDIERI e TIZZANO, red.,  Il diritto dell’Unione eu

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.