Affordable Access

〈Articles〉Counter-bioterrorism in the US

Publication Date
  • バイオテロ
  • 米国通関
  • バイオテロ法
  • Bioterrorism
  • Customs Clearance
  • Us Bioterrorism Act


【要旨】米国では, 2001年に米国で発生した炭疽菌事件を契機として, 2002年11月25日に, Homeland Security Act of 2002が成立した。 国土安全保障省という独立機関を設立し, テロリズム全般, 自然災害などから国土を守るための対策を講ずることとなった。 さらに2003年12月12日より, バイオテロ法(The Public Health Security and Bioterrorism Preparedness and Response Act of 2002)が発効され, 食品医薬品庁への「食品施設の登録」と「輸入事前通告」が義務づけられた。 そこで, バイオテロとはいかなるものであるか, どのような病原体が使用されると予測しているのか, また米国におけるバイオテロ対策のうち, 2001年の炭疽菌事件においてクローズアップされた, 海外からテロに用いられる可能性のある「生物兵器」を速やかに強制排除するためのバイオテロ法を検証する。 そして米国の同盟国である, 我が国の今後のバイオテロ対策の方向性を検証する。    【Abstract】After the anthrax affairs in 2001, Homeland Security Act of 2002 was made to come into being on November 25, 2002. This law stipulates the establishment of Department of Homeland Security that is independent department without interference by other US Department, and that safeguard the country against over all terrorism, natural disaster and so on. Moreover, the Bioterrorism Act of 2002 (The Public Health Security and Bioterrorism Preparedness and Response Act of 2002) was become effective on December 12, 2003. As the result of this effectiveness, the registration for food facilities to FDA (US Food and Drug Administration) and Prior Notice of Imported Food Shipments to FDA were mandated. We, therefore, introduce US Bioterrorism Act and verify how we should examine a countermeasure against the bioterrorism from now on in Japan.

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.