Affordable Access

Oxidized Phosphatidylcholine in Alveolar Macrophages in Idiopathic Interstitial Pneumonias

Authors
Publication Date

Abstract

氏     名  佐々木 博 光 氏 名 吉 見 紀 子 学 位 の 種 類 博 士(医 学) 学 位 記 番 号 第4579号 学位授与年月日 平成16年3月31日 学位授与の要件 学位規則第4条第1項該当者 学 位 論 文 名 Oxidized Phosphatidylcholine in Alveolar Macrophages in Idiopathic Interstitial Pneumonias (特発性間質性肺炎の肺胞マクロファー ジにおける酸化リン脂質の局在) 論文審査委員 主 査 教 授 上 田 真喜子 副主査 教 授 吉 川 純 一 副主査 教 授 末 廣 茂 文 論 文 内 容 の 要 旨 【目的】特発性間質性肺炎(IIP)は肺胞腔内へのマクロファージ(Mφ)や好中球などの炎症細胞の集積を伴 う原因不明の間質性肺疾患で、多くはUIP(usual interstitial pneumonia)やDIP(desquamative interstitial pneumonia)などに分類される。IIPの進展過程においては、炎症に伴う酸化ストレスが重要な役割を果たして いると考えられている。近年、細胞膜が炎症やアポトーシスによって酸化傷害を受けた際に生じる酸化リン脂 質(oxidized phosphatidylcholine;oxPC)が、マクロファージ(Mφ)のスカベンジャーレセプターのひとつ であるCD36のリガンドであることが明らかにされたが、ヒト肺組織におけるoxPCの局在や意義については未だ 不明である。我々はIIP患者の肺組織におけるoxPCと、そのレセプターであるCD36の局在について免疫組織化学 的に検索した。また炎症細胞とoxPCとの関連についても検討した。 【対象と方法】DIP8例とUIP15例から成るIIP生検肺、および正常肺13例を、oxPC、Mφ、好中球、赤血球、上皮 細胞に対する各抗体を用いて検索し、陽性細胞数を統計学的に解析した。さらに、UIP3例、DIP2例、正常肺3 例の凍結肺組織を用いてCD36の局在について検討した。 【結果】正常肺ではoxPC陽性細胞は認められなかったが、UIPやDIPの肺胞腔内では多数のoxPC陽性細胞が認め られた。免疫二重染色では、oxPC陽性細胞のほとんどはMφであった。さらに、IIPの肺組織には、Mφや好中球 の高度な集積が認められ、これらの細胞数はoxPC陽性細胞数と有意に相関していた(Mφ:Rs=0.87、P<0.0001、 好中球:Rs=0.89、P<0.0001)。また、正常肺ではMφにおけるCD36の発現が認められなかったのに対し、UIP やDIPでは集積したMφの大部分にCD36の発現が認められた。 【結論】IIPでは、oxPC陽性M¢数の有意な増加と、oxPCのレセプターであるCD36の発現亢進が認められること がはじめて明らかとなった。このことより、IIPの炎症過程では酸化傷害が重要な役割を果たしており、oxPC -CD36系がIIPの病理過程に関与していることが示唆された。 論 文 審 査 の 結 果 の 要 旨 特発性間質性肺炎(IIP)は肺胞腔内へのマクロファージ(Mφ)や好中球などの炎症細胞の集積を伴う原因 不明の間質性肺疾患で、UIP(usual interstitial pneumonia)やDIP(desquamative interstitial pneumonia) などに分類される。IIPの進展過程においては、炎症に伴う酸化ストレスが重要な役割を果たしていると考えら れている。近年、細胞膜が炎症やアポトーシスにより酸化傷害を受けた際に生じる酸化リン脂質(oxPC)がM φのスカベンジャーレセプターのひとつであるCD36のリガンドであることが明らかにされたが、ヒト肺組織に おけるoxPCの局在や意義については未だ不明のままである。本研究では、IIP患者の肺組織におけるoxPCの局在 ― 32 ― ― 33 ― とCD36の発現について免疫組織化学的に検索し、また炎症細胞とoxPC局在との関連性についても検討した。 DIP8例とUIP15例から成るIIP生検肺、および正常肺13例を、oxPC、Mφ、好中球、赤血球、上皮細胞に対する 各抗体を用いて検索し、陽性細胞数を統計学的に解析した。さらに、UIP3例、DIP2例、正常肺3例の凍結肺組織 を用いてCD36の局在について検討した。正常

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.

Statistics

Seen <100 times
0 Comments

More articles like this

[Role of alveolar macrophages in the pathogenesis...

on Nihon Kyōbu Shikkan Gakkai za... December 1996

[Idiopathic interstitial pneumonias].

on Nihon Naika Gakkai zasshi. The... Aug 10, 2007

Idiopathic interstitial pneumonias

on Respiratory Medicine CME Jan 01, 2009
More articles like this..