Affordable Access

Induced Precocial Puberty by the Dialyzable Fraction of Male Mouse Urine

Authors
Publisher
岡山大学農学部
Publication Date

Abstract

本報告は雄マウスの尿と分画された雄尿の離乳雌マウスの性成熟に及ぼす影響を知るために行なった. ICR系雌マウスは22日令から初発情まで雄の尿あるいは尿の画分にさらされた. 尿サンプルは同系統の繁殖能力のある雄マウスから採取した. 3mlの尿をセルロースチューブを用いて水に対して透析した. 雄尿及び雄尿の透析画分と非透析画分をそれぞれ0.05mlずつ離乳後の雌マウスの人中に毎日塗布した. 雄尿を塗布した未成熟雌マウスは対照区や水を塗布した区のマウスより早く膣開口と初発情を示した. 膣開口と初発情の日令は水処理より透析画分において有意に早かった. 非透析画分を塗布したマウスでは春機発動促進効果は認められなかった. これらの結果は雄マウス尿中春機発動促進フェロモンが低分子物質であることを示唆している。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.