Affordable Access

An investigation of university students' knowledge levels of science in Keio University : comparison with 1992 and 2002 surveys

Authors
Publisher
慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会
Publication Date

Abstract

慶應義塾大学文学部,経済学部, 商学部, 法学部の1, 2年生および理工学部の1年生を対象に, 科学用語のアンケート調査をおこなった。実施時期は2012年4月, 回収数は文系学部409, 理工学部415である。科学用語36の知識と興味度のほか物理・科学コンプレックスの有無などを調査し, 10年前と20年前の調査結果との比較を行った。学生が科学の最新知識を得る情報源はテレビ, インターネット, 新聞の順であり, 10年前と比べて新聞とインターネットの順番が逆転した。文系理系ともに10年前に比べて自然科学, 特に天文学と物理学を中心とする用語の知識度が大幅に上がり, また興味も広く強くなったことがわかる。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.