Affordable Access

SPECIFICITY AND CLINICAL SIGNIFICANCE OF PLATELET-ASSOCIATED IgG WITH VARIOUS DISEASES

Authors
Publisher
千葉医学会
Publication Date
Keywords
  • Platelet-Associated Igg (Paigg)
  • Idiopathic Thrombocytopenic Purpura (Itp)
  • Liver Disease
  • Thrombocytopenia
  • 原著
  • Original Paper
  • Ndc:490

Abstract

各種疾患におけるPAIgGを酵素抗体法で測定した。PAIgG値(mean±SD, ng/10^7 cells)は健常者(N=49)で16.6±3.9,特発性血小板減少症(ITP, N=25)で202.4±226.2,肝硬変叉は慢性肝炎(N=27)で270.3±151.0,再生不良性貧血(N=6)で274.9±62.0であった。その他薬剤による血小板減少症で254.7,播種性血管内凝固症候群で235.5, 665.8,悪性貧血で297.9,血栓性血小板減少症(TTP)で576.6,溶血性貧血で222.3,105.6であった。ITP患者の血小板数とPAIgG値間には有意の逆相関があったが,肝疾患におけるZTT値とPAIgG値間には相関がなかった。ITP症例では治療による血小板の正常化とともに,PAIgG値も正常化し,治療に不応になるとともに増加した。TTPや溶血性貧血症例でも,各種治療により病態が良好となるとともに正常化した。これらの事よりPAIgG値はITP以外の非免疫性血小板減少症でも増加することが分り,この結果は従来非免疫性血小板減少症と考えられていた病態の中にも,実際には免疫学的機序が存在している可能性を,或いは本研究で測定したPAIgG値は血小板表面ではなく,全PAIgG(α顆粒に含まれる)を反映している可能性を示唆している。しかしながらPAIgG値の測定は臨床応用において無意味ではなく,各種血小板減少をきたす疾病での病態把握には有用であるのが分かった。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.

Statistics

Seen <100 times
0 Comments

More articles like this

The clinical significance of platelet-associated I...

on British Journal of Haematology September 1980

Circulating immune complexes and platelet IgG in v...

on Clinical & Experimental Immuno... December 1984

[Detection of platelet-associated immunoglobulin (...

on Rinsho byori. The Japanese jou... August 1984

Platelet-associated IgG in acute and chronic hepat...

on Scandinavian journal of haemat... November 1980
More articles like this..